モデルプラン・おすすめ旅行先

九州旅行モデルプラン〜長崎を周遊する【ハウステンボス・佐世保・グラバー邸】

こんにちは。
日本40都道府県訪問済みのNatsumiです。

今日は「旅行のモデルプラン」の話をしたいと思います。

ツナモンスター
ツナモンスター
長崎は外国との交易もあって街並みや歴史遺産に外国の雰囲気を感じられていいところらしいね。カステラも食べたいし、現地の情報が知りたいな。

長崎県といえば「鎖国時代も海外との交易が許されていた土地」として、出島・外国人居留地・隠れキリシタンについての施設が今も残っている人気観光地ですね。

また長崎市以外にも佐世保市や、ハウステンボスもあり、県全体に観光資源のある県です。

今日は、この

長崎県を周遊する旅行モデルプラン

を紹介していきたいと思います。

この記事を読めば

  • 長崎県を3日で回るプラン
  • 必要予算

などが分かります。

  • 長崎に行く予定がある人
  • 長崎の観光に興味がある人

は是非読んでくださいね。

長崎周遊プラン

・1日目
12時 ハウステンボス着

終日ハウステンボス

・2日目
9時 佐世保駅着
展海峰行きのバスに乗る

10時30分 展海峰到着・九十九島を眺める

12時 昼食 佐世保バーガー ハンバーガーショップヒカリでいただく

13時 佐世保駅発

15時 長崎駅着

16時 松翁軒でカステラカフェタイム

17時 眼鏡橋

18時 グラバー園観光

19時 夕食 思案橋ラーメン 長崎ちゃんぽんと皿うどん

21時 稲佐山展望台で夜景

・3日目
9時 端島(軍艦島)観光出航

12時 戻ってくる

13時 平和記念公園の近くでランチ

14時 平和記念公園

15時 出島観光

16時 長崎出発

こんな感じの3日間のプランです。

総移動距離は「100kmほど」ですね。

わたしたちは福岡方面から特急に乗ってきたので、ハウステンボスから回りましたが

飛行機で長崎空港から来る人は、長崎市の方が近いので長崎市から観光しても良いかもしれませんね。

条件をまとめておきます。

  • 回るところ 長崎県内のみ
  • 日数 3日
  • 交通手段 電車/バス
  • 総支出 約30,000円(博多からの交通費込み)

それでは、詳しく見ていきます。

1日目:ハウステンボス

ハウステンボス

長崎といったらなんといっても

ハウステンボス

でしょう。

1回は行ってみても良いと思います〜!

とにかく写真映え。

入場料 大人7,000円/中学・高校生6,000円/小学生4,600円/未就学児3,500円/おもいやり(シニア(65歳以上の方)、妊婦の方+同伴者1名、3歳以下のお子さまをお連れの方(同伴者2名)、ペット連れの方(1頭につき1名))5,000円
営業時間 9:00-20:00(季節により変更あり)
休館日 なし
駐車場 あり/有料(1日800円)その他はこちらで確認

わたしは「散策チケット」というチケットで入ったのですが、2019年3月より取り扱いがなくなってしまったようですね。

また、10月1日よりさらにパスポートの種類や買う時期によって値段が変わっていますね。

「1DAYパスポート」を購入して入場する人が多いと思いますが、窓口で買う1DAYパスポートは上記の表の通りです。

また、早く買うと安くなるサービスが始まっています。

他にも夕方から入るパスポートなど種類はたくさんありますので、ご自身の行きたい時間や目的によって、どのパスポートで入るか決めると良いと思います。

▶︎ チケットのご案内/ハウステンボス

オランダの町並みをモチーフにしてオランダの田舎風景や運河のある風景などが再現されています!

アムステルダムに行ったことがありますが、本当に雰囲気は似たような感じです。

歩き疲れたらホテルがあるので、ホテルカフェで休むのもおすすめです。

夜はライトアップされて、色とりどりのLEDがめっちゃ綺麗なので、これを見にくるのもおすすめです。

アクセスはこちらからご確認ください。

▶︎ ハウステンボス公式サイト

私たちは「博多駅からハウステンボス駅」に直接行くJR特急「ハウステンボス」に乗りました。

通常料金が一人「3,950円」の乗車券+指定席で行けるのですが、

一人で行く場合の往復きっぷや二人で行く場合の片道きっぷを買うのであれば、「二枚きっぷ」を買うのがオススメです。

「二枚きっぷ 博多駅〜ハウステンボス駅 5,140円」

で購入することができます。

二枚の切符を受け取ることになるので、片道あたり「2,070円」とお得に移動することができます。

2日目:佐世保→長崎ルート

展海峰

佐世保で見たかったのが「九十九島」です。

目の前に九十九島が180度のパノラマで広がる展望台。佐世保でも一番人気です。
展海峰:ながさき旅ネットより

ということで行ってきたのですが、

あいにくの天気です。笑

ということで、ながさき旅ネットさんからお借りした写真がこちら。

眺め良すぎですね。

行くのが結構大変で、

バスで行ったのですが、本数が少なく、折り返し運転のため、

来たバスが帰るまでの「10分」くらいでさくっと写真を撮らないと、何もないところで1時間待たされる羽目になりますので、ご注意を。

駐車場がありますので、佐世保市内を他にも回るのであればレンタカーでも良いと思います。

入場料 なし
営業時間 出入り自由
駐車場 あり/無料

▶︎ 展海峰:ながさき旅ネット

佐世保バーガー ハンバーガーショップヒカリ

やっぱり佐世保といえば「佐世保バーガー」ということでいってきました。

ハンバーガーショップヒカリさんです。

本店は駅から離れたところにあるのですが、
駅から近いところに支店があるのでそこにいきました。

美味しい。

また行きたいです。

関連ランキング:ハンバーガー | 佐世保中央駅中佐世保駅

松翁軒でカステラカフェタイム

さて、佐世保市内から長崎市内へ2時間かけて移動しまして、カステラ堪能タイムです!

長崎といえば

カステラ

ということで食べまくりました。

まずは「松翁軒」さん。

本店の2階にカフェがあるのでそこでいただきました。

関連ランキング:和菓子 | 市民会館駅めがね橋駅桜町駅

眼鏡橋・グラバー園観光

長崎といったらこのあたりでしょう。

とりあえず行っておきましょう。

路面電車が走っているので適宜使って移動されると良いと思います。

グラバー園は、路面電車「大浦天主堂」から歩いて7分です。

入場料 大人:620円/高校生:310円/小・中学生:180円
営業時間 8:00~18:00 季節によって夜間開園しています
休園日 なし
駐車場 なし/近隣有料駐車場利用

▶︎ グラバー園公式サイト

思案橋ラーメン 長崎ちゃんぽんと皿うどん

そしてこれも長崎といえば

長崎ちゃんぽん

ですね。

どこに行こうか迷いましたが、選んだのは福山雅治さん御用達の「思案橋ラーメン」

美味しかった〜!!!!!

皿うどんも食べたのですが、たぶんあそこの料理全部美味しいです。笑

サインもたくさんありました。

関連ランキング:ラーメン | 思案橋駅観光通駅浜町アーケード駅

稲佐山展望台で夜景

そしてこれも長崎といえばですが、

稲佐山の夜景

ですね。

もちろん観にいってきました。

路面電車最寄駅「宝町」からロープウェイ駅まで歩いて15分ほどかかるので、
駅からのアクセスが悪いのがマイナス点ですが、夜景は最高です。
事前に予約すると駅からのバスに乗れます)

展望台まで行くにはロープウェイを使う方法と車で行く方法があります。

ロープウェイ料金 往復大人1,250円/中高生940円/小人620円(往復割引券
営業時間 9:00-22:00
休業期間 定期整備のため6月中旬運休予定
駐車場 40台/有料(30分100円)

▶︎ 長崎ロープウェイ公式サイト

3日目:長崎市内

端島(軍艦島)観光

そして長崎に来たらいきたかったところが「軍艦島」。

明治時代から 昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していた。しかし、 1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。
端島:ウィキペディアより

正式名称は端島。

軍艦島は通称で、その見た目から言われているそうです。

ちなみに先にオチをいうと、わたしたちは上陸できませんでした。泣

軍艦島のあるところは沖合なので、波の影響などで上陸できないことが多々あるそうです。

近くまで行って写真を撮ることはできましたが上陸することはできず・・・・。

また行けたらいいな、と思っています。

軍艦島ツアーの会社は4社ほどありまして、どこも4,000円前後のツアー料金です。

空きなどを見て決められるといいと思います。

平和公園

ここも日本人なら行っておきたい場所ですね。

私が行ったときは小学生の修学旅行生でいっぱいでした。

今はあまり意味がわからないかもしれないけど
大人になったら「戦争の意味や戦争を繰り返しては行けないの意味」を理解してくれたら嬉しいなあ〜なんて、子供たちを見て思いました。

大人の方にもぜひ行って欲しい場所です。

入場料 なし
入園時間 出入り自由
駐車場 なし/近隣有料駐車場利用(1時間250円から)

▶︎ 平和公園:ながさき旅ネット

出島

長崎観光最後は「出島」です。

日本史覚えている人いますか?笑

鎖国時代の約200年間、日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口です。

なんと、今は「島ではない」のですよ・・・。

長崎は坂が多いことで有名ですが、そのため平らな土地が少ないということで埋め立てされている土地が多いそうです。

ということで、「出島」も例外なく埋め立てされてしまったそうですね。

入場料 一般520円 高校生200円 小中学生100円
営業時間 8:00~21:00
駐車場 なし/近隣駐車場利用(40分100円他)

▶︎ 出島:ながさき旅ネット

まとめ:長崎は観光もグルメも最高!

ということで、
今日は「長崎の旅行プラン」について話してきました!

観光もできるしグルメも食べきれないくらいいっぱいあって大変楽しめました。

また行きたいです。

それでは今日はこれで^^

長崎までは「飛行機」で向かうと楽です。
検索はスカイスキャナーで検索すると網羅的に調べられます。スカイスキャナー
ホテルを探すにはAgodabookig,comがおすすめです。
安いプランが多くあります。Agoda

Booking.com

booking.comの2000円割引クーポンはこちらからどうぞ。