旅行のヒント

【シェムリアップ観光プラン】アンコールワット遺跡群観光ルートと観光のコツ

こんにちは。
カンボジア・シェムリアップ訪問中のフリーランスエンジニアのNatsumiです。

先日アンコールワット遺跡群の観光に行ってきました。

ということで、今日はアンコールワット遺跡群のルートツアーについて話をしていきたいと思います。

  • 観光にかかった費用
  • 遺跡の様子

などを紹介していきます。

  • アンコールワットに行きたい!

という人はぜひご覧ください^^

アンコールワット遺跡群の観光ルートと費用と時間

上記のMAPは、アンコールワットを最初に回って時計回りにタプロームまで回るルートです。

  • 時間 4:50ホテル発→14:30ホテル着
  • 費用 ツアー代10$+アンコールワット遺跡群1日券37$+ランチ代

大回りコースの場合、7箇所とランチを入れて10時間くらい時間がかかると思っておけば良いと思います。

アンコールワット遺跡群のツアーは小回りコースもあります。

こちらの場合はもっと時間がかからないと思います。

アンコールワット遺跡群のチケットは、
当日チケットブースに寄ってもらえば手に入れることができます。

顔写真付きで1日の間、対象遺跡群の中は全て入ることができるので、無くさないようにしましょう。

移動はすべて「トゥクトゥク」でした。

アンコールワット遺跡群の観光で気をつけた方がいいこと

①朝日が目当てならできる限り早くホテルを出発すること

アンコールワットで1番人気な時間帯といえば「朝日」の時間帯です。

わたしもこの「朝日」を見るのがずっと夢でした。

そしてこの朝日をベストポジションで見るためにも、できる限りホテルを早く出るようにしましょう。

私たちは4:50にホテルに迎えにきてもらって、チケットを入手して5:30にはアンコールワットに入場しましたが、
それでもすでに人がめっちゃ多い!!!!!!

そして最高のポジションで撮影するために、人気のスポットはすでに人でたくさんです。

できれば誰にも被らずに&いい写真を撮るために一番前を陣取りたいです。

が、この時間に来ては、真正面はもう無理ですね。笑

もっと早く来るべきだったと思います。

幸い少しずれれば最前列が取れたのでそこで撮った写真がこちら。

真正面で撮ったのがこちら。

人が入ってしまっていますね。

ぜひいい場所を陣取りたかったら早くホテルを出ましょう。

②朝日が目当てでもマジックアワーは朝日が出る直前

さて、この「朝日」の日の出を見るのがアンコールワットの醍醐味なわけですが、

実は1番空がマジックアワー状態になるのは

朝日が出る直前

なんです。

朝日が出る前の数分間、
空の色がピンクになったり紫になったりしてとーっても綺麗なんです。

実は知らないまま私も何枚か撮影していたのですが、その写真がこちら。

綺麗すぎますよね・・・。

逆に朝日が出てきてからの写真はこちら。

これももちろん綺麗なんですけど
空の色がピンクや紫になるこの数分間の方が圧倒的に素敵な時間です。

ぜひ、このマジックアワーを注目してみてください。

③小回りコースで十分/7箇所くらい回ったけど3箇所目くらいで飽きる

結論遺跡はどこも似たような感じ

ということです。

それぞれの移籍についてめちゃくちゃ詳しいガイドが細部まで紹介してくれるのであれば、話は違うかもしれませんが、

基本的に

  • アンコールワット
  • アンコールトム
  • タプローム

でOK。

ニャックポワンは遺跡は似たような感じですが、

行くまでの湖というかお堀というか、水の張っている部分が、乾季になると一切雨が降らなくなり水がなくなってしまい、

その光景がなかなか普段見れないような景色なので、一望の価値はあります。

④ベストシーズン以外は大量の水の補給を

わたしは4月にいきましたが

「とにかくとにかくとにかく暑い!!!!!!」

そして,

「とにかくとにかくとにかく紫外線が強い!!!!!!!」

溶けるというか滅せられる感じです。泣

だから、とにかく汗が止まらない!!!!

熱中症になる可能性大なので、水は必ず持参しましょう。

もちろん観光スポットの前には水を売っている人がいますので、
そこで調達することもできます。

1,500ml1ドルで売っているところで私は買いました。

ちなみに、水だけだと水脱水症になってしまう人がいるので、
スポーツドリンクの粉などを溶かすのも良いと思います。

現地だとさすがにスポドリの粉は手に入らなかったので、
わたしは砂糖と塩でそれっぽいのを作りました。笑

美味しくはないですが、脱水症状になるよりはましです。

作り方
・水500ml
・砂糖10g
・塩1g
を混ぜて振るだけ。

簡単なのでこちらも試してみてください。

そしてそして、もちろん紫外線を避けるための

  • 帽子
  • サングラス
  • ストール
  • 日焼け止め

などは必須です!!!!

⑤トゥクトゥクに乗るときはマスクが必須

アンコールワット遺跡群の近くになってくると、とにかく砂埃がたくさんになってきます。

それを窓もついていないトゥクトゥクで走っていくわけですから、顔に砂埃がたくさんつきます。

気にならない人はいいですが、気になる人はぜひマスクをつけましょう。

まとめ:アンコールワットのマジックアワーは1度は見たい

ということで、
今日は、「アンコールワットの観光のコツ」について解説してきました。

暑くていろいろと大変だったものの、アンコールワットのマジックアワーは最高です。

ぜひみなさん1度は見に行ってみて欲しいなと思います。

それでは今日はこれで^^

カンボジアまでの最安チケットを探すにはスカイスキャナーをつかうのがおすすめです。

シェムリアップまではバンコク・ドンムアン空港からシェムリアップ空港まで1時間でいけます。

エアアジア・ジャパン

バスで行く場合は下記リンクをご覧ください。