お金の使い方・考え方

旅行の料金を安くするためのコツを集めました【交通/移動費・宿泊費】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

今日は「お金の使い方」についての話です。

日本は物価が安いので
300円ほどで美味しい牛丼が食べれたり
800円ほどで美味しい定食が食べれたりと
食については意外と安く済ますことができます。

しかし、私が日本で高いな〜と思うのが
「移動費と宿泊費、携帯料金」などのお金です。

正規料金で払うと本当に高い!

もちろん技術はすごいので時間をお金で買うと考えればいいのかもしれませんが
同じサービス内容をより安く提供してもらえるならその方がいいですよね。

ということで今日は

旅行の代金を安くするためのコツ

を紹介していきたいと思います。

・移動費が嵩むのが悩み
・生活の知恵が知りたい

という人はぜひ読んでくださいね。

移動費を安くするコツ

新幹線

新幹線や特急などの在来線に正規の値段で乗ろうとすると
とーっても高いですよね。

例えば、「東京〜名古屋間の新幹線指定席片道」の値段は

11,090円

です。

往復で約2万円の交通費がかるわけです。

もちろん、名古屋から東京という「350km」離れた土地を
約1時間30分で結んでくれるというのは、本当に素晴らしいのですが・・・。

さて、この新幹線料金を安くする方法は

  • ネットで買う
  • 早く買う

の2つのいずれかの方法です。

(金券ショップなどで買うという方法もありますが、今回は省きます)

 

正規・新幹線のぞみ指定席・片道 11,090円
正規・新幹線のぞみ自由席・片道 10,360円
e特急券 10,310円
EX予約サービス(普通車指定席) 10,110円
EX早特21(普通車指定席) 8,800円
ぷらっとこだま普通車指定席プラン 8,300円

 

ぷらっとこだまにすれば正規の値段から「約3,000円」ほどやすくなりますが
所用時間がかなり長くなってしまいますので

現実的には「EX早特21」からが選択肢になるのかなと思います。

EX早特21を選ぶと「約2,300円」交通費を安くすることができます。

「早く」買うことで交通費を安くするパターンですね。

EX早特21は「EX予約の会員」が使えるサービスです。

EX予約は「東海道新幹線」のサービスです。

EX/エクスプレス予約会員は年会費が1,080円かかりますが
このサービスを使えば年間1,000円くらいは簡単にお得になりますので
割引分で年会費をペイすることができます。

入会方法は

  • JR東海エクスプレスカードを作って入会する方法
  • 持っているカードにサービスをプラスして入会する方法

があります。

私のメインカードである「ANAアメックスカード」はこのEX予約会員の機能をプラスしてできるカードだったので
自分のメインカードにプラスしてこのサービスに入会しています。

お持ちのクレジットカードで利用可能かどうかは、こちらで確認できます。

▶︎ カード・ナビ;EX予約

また詳しい加入方法やその他サービスの詳細などはこちらをご覧ください。

▶︎ EX予約

入会手続きをしてからだいたい1ヶ月ほどでカードが届きます。

携帯でチケットの予約をして
あとはこのカードを改札でカードリーダーにかざすだけなので
チケットレスでとっても便利なのです。

その他、JR東日本やJR西日本でも
新幹線の料金を安くするための方法が用意されています。

JR東日本であれば「えきねっと」でネット上でチケットを買うことで料金を安くできます。

▶︎ えきねっと/トクだ値

例えば、
東北新幹線「東京から新青森」までの正規料金は「17,350円」ですが
トクだ値のチケットを利用すれば

「13,010円」

まで交通費を抑えることができます。

JR西日本も「おでかけネット」というサービスを使うと新幹線料金を安くできます。

▶︎ トクトクきっぷ:JRおでかけネット

JR九州は「ネット予約」のサイトからどうぞ。

▶︎ ネット予約

在来線

ちょっとした移動は「正規料金で乗ってください。」という結論になってしまうのですが

1時間ほどの移動をするのであればお得な切符を用意しているところが多いです。

JR東日本ではタイプによっていろんな切符を用意しています。

わたしが去年長崎観光した時も
JR九州が発売している「2枚切符」というきっぷでかなりお得に移動しました。

▶︎ 2枚きっぷ(自由席):JR九州 / 2枚きっぷ(指定席):JR九州

こういうお得な切符を使えば移動費抑えることができます。

飛行機

飛行機の移動費を安くする方法は1択!

LCCにすること!

シンプルですね。

荷物も7kg以内にして荷物を預けるお金を浮かせればより良いですよね!

一昔前よりもLCCのセールってとっても増えたと思います。

私がよく見るLCCの情報が乗っているツイッターは「LCC.jp」です。

このツイッターで情報を確認してセールの時に買うのが一番です。

適宜チェックすると良いと思います。

宿泊費

簡単に宿泊費を抑える方法は

  • Airbnb
  • ゲストハウス/ドミトリー

のどちらかを使うことですよね。

「Airbnb」は民泊の流れもあって今人気の宿泊サービスです。

アプリを使って検索しましょう。

Airbnb

Airbnb

Airbnb, Inc.無料posted withアプリーチ

ゲストハウスは「booking.com」などで検索しましょう。



Booking.com

とにかく「無料で泊まりたい!」という人は

カウチサーフィング

というサービスを使えば無料で泊めてもらうこともできます。

このサイトは、世界中の旅行先で無料で泊めてくれる人を探すウェブサイトです。
原則無料です。既に世界各国で合計200万人以上がユーザーが存在するこのカウチサーフィン。特に欧米の人には大人気で、オーストラリアで合うヨーロッパ出身の人はほとんどが一回は利用したことあるんじゃないかといえるくらい、当たり前になっています。
世界中を旅しよう。カウチサーフィングより

安全性などは自分で確保してもらう必要がありますが、
「無料」にどうしてもこだわるのであれば良いサービスかもしれません。

▶︎ Tokyo:couchsurfing

また、ホテルを経営している企業の株を買うと株主優待で1泊無料のサービスがあるところもあります。

「サムティ」などホテル経営などをしている会社で採用している場合が多いです。

▶︎ 株主優待:サムティ

ツアープランを上手に使おう

自分で色々できる人は個別でホテルと移動手段を用意するのも良いのですが、
実はツアープランを使うととってもお得なんですよ!

例えば、「東京駅から新潟駅」まで日帰りで新幹線を使う場合

往復指定席・通常料金は「20,740円」

なのですが、

えきねっとのプランから予約をすると

「15,900円」

になります。

5,000円も安くなりましたw

ホテル宿泊プランもあったりするので、これを使わない手はないですよね。

JR/新幹線などを利用する際はこういうプランを使った方がお得ですよ。

▶︎ JR東日本国内ツアー
▶︎ JR東海ツアーズ

まとめ:なるべくお得に旅行しよう

旅行に行くとなると「移動費や宿泊費」など本当にかさみますよね。

お得なサービスを使って賢く旅行しましょう!

ちなみに、日々の生活の固定費などの節約については
こちらの記事でまとめています。

それでは今日はこれで^^

booking.comの2000円割引クーポンはこちらからどうぞ。