野村證券

野村證券元社員は野村證券を賞賛しているのか?批判しているのか?

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのNatsumiです。

今日も「野村證券」の話題をしていきたいと思っているのですが、

実は先日こんな趣旨のリプライをいただきました。

リプライ
リプライ
あなたが野村を賞賛したいのか、批判したいのか分からない

確かに、
私の野村證券の記事を全て読んでいると
「野村っていいよー!」と言っている記事もあれば
「野村のこういうところが嫌だった!」と言っている記事もあり、

リプライ
リプライ
「この人は何を言いたいんだろう?」

と思っているひともいるのかもしれないと
気づかされました。

ご批判ありがとうございます。

ということで、
今日は

元社員である私は野村證券のことを批判しているのか?賞賛しているのか?

という話をしていきたいと思います。

私がしているのは部分肯定と部分否定

日本語には

部分肯定と部分否定

という便利な言葉があります。

私がしているのはまさにこれです。

野村證券の社員や労働環境については肯定するけど
野村證券の給与評価制度や一部営業方法について否定している

ということです。

野村の全てを肯定してはいないし、
野村の全てを否定もしていないということ

です。

もし煮え切らない回答だとしたらすみません。笑

会社の構成要素はたくさんある

そもそも会社にはいろいろな構成要素があります。

それぞれが相互に関係しあって
会社というのは成り立っています。

そんな中で私がしている部分否定と部分肯定は
こんな感じで表せます。

良いところもあれば悪いところもあるのが会社なのではないでしょうか。

野村證券という会社は数年前に90周年を迎えました。

90年も続けば悪いこともあるのが当たり前だと思います。
そしてもちろん会社の中にいる人は
都度問題点を探して改善していってくれているとは思います。

ただ、「既得権益」にしがみ付くある一定の人たちが
それを阻んでいるということもあります。

それぞれがそれぞれに相互に影響しあっているため
簡単にいかないのが会社です。

ですから、「全ては肯定しないし、全ては否定しない」のです。

その全てを否定する・・・としたら
その会社で4年も働いていないです。(個人的見解)

「嫌な部分もあるけど、でも頑張りたい」と思う要素もあったということです。

肯定している記事と批判している記事を分けましょう

ということで、
いろいろ入り混じっているからわかりにくいんだなと思ったので
記事ごとに「何に肯定or否定」しているのか分けようと思います。

古い順で解説していきます。

この記事は否定記事ですね。

・野村の営業方法は自分のやりたいことができる営業方法ではない
・営業方法が昔から刷新されていないため古いまま

ということを主張している記事です。

この記事は肯定記事です。

・新人の教育制度が整っている
・新人出会えるお客様のレベルが高いのは素晴らしい環境
・社内で習得できる知識や情報はレベルが高い

ということを主張している記事です。

こちらの記事は肯定も否定もしていません。

私が経験した新人の1年間を書いています。
例えればレビュー記事です。

・新卒で野村に入ろうと思っている人
・就活で野村を受けようと思っている人

などに、
入る前のイメージをつけてもらえたらと思って書いています。

この記事は肯定記事です。

・社員は素晴らしい人が多いこと
・労働環境はホワイトで良いこと

などを説明しています。

これは否定記事ですね。
ならびに提言記事でもあります。

・会社としての収益が落ちてきている中で会社としての魅力が下がっていること
・その割に優秀社員への適切な評価がされていないこと
・そのため優秀な社員は退社していること
・会社が威厳を保つために優秀な社員への優遇をしてほしいという提言

などの内容を書きました。

こちらの記事は否定も肯定もしていません。

・野村證券の社員として合う人
・野村證券の社風に合う人

をわたしなりに考えて載せています。

・野村證券の社員について全然知らない人
・野村に入りたいけど自分の気質に合うかわからない
・野村の社員と自分の性格が似ているか知りたい

と思う人などに向けて書いた記事です。

こちらの記事も否定も肯定もしていません。

・私が証券業界で就活した理由
・私が野村證券を志望した理由
・就活で実際に何を聞かれたか

などを話しています。

・野村證券の面接を受けようと思っている
・野村證券の面接でどんなことが聞かれるのか知りたい

という人向けです。

こちらの記事も否定も肯定もしてないかな・・・
どっちかというと肯定しているのかも・・・

・現野村證券社員で辞めたいと思っている人

に向けて書きました。

・現野村證券の労働環境について(給料や勤務時間など)
・自分が野村證券でやってきたこと
・前向きの退社ができるのか

などを考えて欲しいなと思って書きました。

野村證券についてネットに流れている噂に元社員の私が答えた

記事なので、
こちらの記事も否定も肯定もしてないですね。
淡々と噂に回答した感じです。

・社員の気質について
・「詰め」について
・社員の身なりについて

答えました。

分けて見て総合的に肯定してる?否定してる?

分けてみたら・・・

肯定記事 2記事
否定記事 3記事(リライト中の非公開含め)
・どちらでもない 5記事

となりました。

結論は最初にも述べた通り

野村證券には素晴らしいところもあるし、直して欲しいところもある。

ということです。

そして、私が野村證券の記事を書くことでみなさんに伝えたいのは

野村證券を全てを批判することでも賞賛することでもなく
良いとこも悪いところある野村證券の実態・本当の姿を知って欲しい

ということです。

ありもしない噂や
知らない人によって作られた作り話やイメージが大きくなってしまって
今の野村證券に対する世間のイメージを作り上げてると思っています。

それは良いイメージより悪いイメージの方が強いと思っています。

元社員としてそのような状況を悲しいと思っています。

自分の思ったことを発言することは自由ですが
できれば、実態・本当の姿を発言して欲しいと思っています。

だから、こうやってブログで発信しようと思いました。

これからもぜひリアルな野村證券の良いところも悪いところも知って欲しいなと思っています。

まとめ:会社というのは良いところも悪いところもある

ということで、
今日は「わたしが野村證券を批判しているのか賞賛しているのか」という話題で書いてきました。

皆さんの会社にも
良いところ悪いところがあるのではないでしょうか?

「うちの会社は良いところしかない!!」
という人がいましたがぜひその会社教えてください!笑

それでは今日はこれで^^