ノマドの生活

1ヶ月間タイとカンボジアで海外ノマドしてきました【支出とノマド環境】

こんにちは。
海外ノマドをしながら生活しているフリーランスwebエンジニアのNatsumiです。

4月は1ヶ月間「タイ・バンコクとカンボジア・シェムリアップで海外ノマド生活」をしてきました。

そこで今日は、タイ・バンコクとカンボジア・シェムリアップの

  • 1ヶ月で使った支出
  • 宿泊場所
  • ネット環境
  • カフェ情報

を紹介します。

  • 海外ノマドをするつもりの人
  • バンコクやシェムリアップでノマドをしようと思っている人

な人はぜひ読んでくださいね。

タイ・バンコクの総支出は41,000円

バンコクに3週間ほど滞在しましたが、総支出は

41,000円

でした。

3週間でこの値なので1ヶ月にすると55,000円ほどになるでしょう。

家賃も含めてこの値段は本当に素晴らしいですね。

詳細にすると

ホステル代 22,000円
食事代・作業場代 16,000円
交通費 3,000円

となります。

カンボジア・シェムリアップの総支出は20,000円

先日のブログにも書きましたが、カンボジア・シェムリアップの滞在費は

20,000円

です。

詳細は

ホステル代 3,200円
食事代・作業場代・交通費 9,500円
ツアー代・遺跡入場料 7,500円

となります。

ツアー代などは1度行ってしまえばそのあとは行かないかと思いますので

1ヶ月にした場合の生活費は42,000円ほどになるかと思います。

滞在場所はホステル

宿泊代金を安く抑えたいので泊まる場所はホステルです。

こういった2段ベットが6個ほど有って、複数人で同じ部屋に寝る感じですね。

とはいえ、カーテンはありますのでプライベートスペースは一応あります。

ロッカーもあるところが多いので、そこに入れておけば一応盗難のリスクも抑えられます。

私がホステルを選ぶ基準は

  • booking.comなどに載っている写真に清潔感があること
  • booking.comなどの評価が8.5以上であること
  • ベッドにカーテンがついていること
  • (できれば)女性専用の部屋があること

で、いつも選んでいます。

滞在先の写真などはこちらのブログをご覧ください。

食事は外食がメイン

タイの場合は、基本的にタイのホステルには滞在者が使える調理場みたいなものはないので外食です。

とはいっても、
タイは普通の家でも台所がない家が多いらしく、タイの現地の人でも外食が多いので、屋台が発達しており、飲食店も多いのです。

朝食がついているホステルが多いので、パンやバナナで軽く済ませます。

昼食と夜食は外に食べに行きましょう。

こんな感じの料理で100-200円で毎食食べれます。

タイ米ですがご飯はありますし、日本と似た味付けなのでお寿司とかが食べたくならない限りはタイのご飯でも十分に楽しめます。

他の料理などはこちらのブログで確認できます。

カンボジアの場合は朝食がついていないので全ての食事が外食です。

とはいえローカルな飲食店であれば、1ドルからおかゆが食べれたりしますので、高いところに行かなければ食事代はそこまでかからないです。

Wi-fi環境はバンコク素晴らしい、シェムリアップは微妙

ノマド生活にとっては一番重要かもしれません。

Wi-fi環境はバンコクの圧勝です。

  • 速い
  • 切れることはほぼない
  • カフェでもだいたいWi-fi提供している
  • カフェの数が多い

と行った感じでノマドをするならバンコクは素晴らしいです。

シェムリアップもできないわけではないですが、停電はまあまあ起こりますし、充電のこととかも考えるとバンコクにはかなり劣ります。

滞在中の出費を抑える方法

というわけで、意識しないまでもあまりお金がかからないわけですがとはいえもっとお金がかからないなら嬉しいですよね。

というわけで、よりコストを減らせる工夫を紹介します。

食事の提供時間が長いホステルを選ぶこと

朝食が用意されているといっても、「実はいつ食べてもOK」というホステルもあります。

ホステルで作業などをしている時は、「そのまま食事を取れたらいいな」と思うこともあり、
そんな時に便利なのが食事の提供時間が長いホステルは便利です。

そこで用意されているパン屋やラーメンなどを食べれば食費が浮きます。

わたしも、今回1週間はインスタントラーメンが提供されているホステルに滞在したのですが
それをランチにすればいいので、食費は浮くし、ご飯を食べに外に出なくていいし、とーーーっても快適でした。

空港のラウンジを無料で使うこと

ノマドの人で持っている人が多いプライオリティーパス。

これを持っていると海外の空港ラウンジに入れて、そのラウンジのご飯を食べることができるので、そこで全ての食事を済ませることができたら食費がかかりません。笑

特に、バンコク・ドンムアン空港のラウンジは、当日の搭乗券がなくてもラウンジを使うことができるので、この方法を使うことができます。

もし滞在するところが空港に近いのであればぜひ使いたい技ですね。

プライオリティーパス自体は普通に手に入れると399ドル=40,000円ほどかかるのですが、

楽天プレミアムカードを作るとプライオリティーパスが付帯でついてくるので

年額1,1000円

で手に入れることができます。

とーーーーってもお得ですよね。

空港のラウンジは普通に入るだけでも安いところで1,000円しますので
何回も通えばどんどんお得にカードも保有できて食費も浮かすことができます。

楽天プレミアムカードの登録はこちらからどうぞ。

まとめ:バンコクはノマド生活に最適

というわけで、
今日は「ノマド生活の1ヶ月の支出とその様子」について話してきました。

都心近くにこの値段で住めるなら本当にいいですよね。

ぜひ参考にしてくださいね。

それでは今日はこれで。

バンコク/シェムリアップに行くならエアアジアを使うのがおすすめです。
LCCのエアアジアでいつでもお得な空の旅を。
エアアジア・ジャパンスカイスキャナー

ホテルを探すにはAgodabookig,comがおすすめです。
安いプランが多くあります。Agoda

Booking.com