投資への考え方

若者が投資すべきものは金融資産か?自分自身か?解説します

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

先日twitterでこんなメッセージをもらいました^^

若い頃から色々考えている学生さん、素晴らしいですね。

今日はこちらの

若者くん
若者くん
若いうちは元手も少ないから、自分自身に投資した方がいい?

という質問に答えたいと思います。

  • 投資しようか迷っている若き諸君
  • 経験にも投資したいけど投資商品も持ってみたいと悩んでいる人
  • 投資なんてしなくてもいいと思っている人

はぜひご覧くださいね。

結論:(できる範囲で)どちらにも投資するべき!

私の答えは、

金融資産にも自分自身にも両方投資しよう

です。

その理由としては、

どちらも早く投資することに価値がある

と私自身が思っているからです。

私がそのように考える理由について、「金融資産への投資」と「自分自身への投資」と分けて説明します。

金融資産への投資を早くした方が良い理由

まず、「金融資産への投資」が早い方がいいと思う理由として、私の考える前提が、

世界は緩やかに成長し続ける

と思っており、

経済成長とともに起こるインフレへの対策として変動商品を持って欲しい

と思っているからです。

これはIMFのレポートでも明らかにされているのですが、(IMF世界経済見通し 2018年10月

世界の国のGDP成長率を国で考えた場合は、
日本はGDP成長率1%、アメリカは2%、アルゼンチン△(マイナス)2%など個々で状況は異なりますが、

世界全体/地球全体で考えると、

世界は約3%ずつ成長し続ける

と予測されて居ます。

つまり、それが何を意味するかというと、

景気が良い

GDP成長率の伸びがいい

消費が盛んになる

企業の業績が好調である

インフレが起こる

物の価値がお金の価値より上がる

株や不動産の値段が上がる

ということ流れになるということです。

つまりは、

世界の株や通貨・不動産の価値は今後も上がっていく

と予想できるのです。

「今後も上がっていくのであれば、今持った方がいいですよね」という話です。

野村時代によく思ったことがあるのですが、

それは、「今の80才代の人たちが持っている株の買付単価って本当に安い」んです。

トヨタの株を3,000円台から持っていたり、ソフトバンクグループを800円台の時に買った人もいました。

本当に本当に羨ましい限りです。

両方とも今は、7,000円台、10,000円台(2分割しているので、額面は5,000円台)ですよ。

時系列は違えど、2.5倍と10倍以上です。

これがインフレです。

「円自体の価値がどうなっているか」というとだいたい30年で2倍」になっているそうです。

郵便はがきが1985年は32円でしたが、今は62円ですね。だいたい2倍です。

他、たばこや国立大学の授業料などを比べてみても2倍だそうです。

つまり、

インフレに対応できるのが、株・投資信託などの金融商品ならびに不動産などです。つまりモノです。

車などの物は、買った瞬間に価値ががくんと下がるのでそういう物のことではないです。(希少価値のつくものは値段が上がりますけどそれは例外の話ということで)

このような前提から、「金融資産にはできる限り早く投資した方がいい」と思っています。

なので、

できる範囲、無理でない範囲で投資を始めてもらった方がいい

と思います。

毎月積立1,000円とかでもいいんですよ。

投資金額以上のことが学べます。

自分自身への投資を早くした方が良い理由

つぎに、「自分自身への投資」を早くした方が良い理由を書いていきますね。

っても、これ遅い方が良いって言う人いますか?!?!?!笑

多分、自分自身への投資をしようと思う人って
それなりに今後の人生のこととか自分のこととか考えて必要だからそうしようと思うのであって、
「遅くていいよー何もしなくて良いよー」っていう人より相当ちゃんと考えてると思いますよ。

ということでまとめると、

金融資産への投資」と「自分自身への投資」は同時に行いましょう

そして、そんな悩めるあなたに「『自分自身への投資』って具体的に何をしたら良いの?」という疑問にもお答えしておきましょう。

知識に投資しよう

まずは、「知識」に投資しましょう。

知識は武器になるので、たくさん持っておいた方が良い

です。

手っ取り早く習得する方法は

読書

ですね。

私自身も2018年は100冊以上の本を読んで知識の習得に力を入れました。

社会人になってからの使った知識や考え方は、正直社会人になってから身につけたものが多かった、のが私の印象です。

学校で習ってきたことはなんだったのだろうかと思うくらいです。笑

学力があるのはもちろん良いことです。

頭が良いに越したことはないし、学歴が良いのに越したことはないです。

でもそれが全てではないのが社会人の世界かなと思っています。

社会で必要なのは哲学の考え方や人間味あふれる行動だったりするので、
学歴優秀の方が社会人になると意外と活躍しないということはよくあります。

社会で必要なのは

数学で100点を取るための知識

ではなくて、

人の役に立てたり、人間関係を円滑にしたりするための知識

なんですよね。

そんな部分は自分で本で勉強して補いましょう。

もちろん、有名人のサロンや動画学習コンテンツなどでも良いと思いますよ。

つまりは、

勉強し続けましょう

ってことです。

「社会人になったら勉強しない」という人がいますがそれはだめです。

むしろ社会人になってからの方が勉強が必要。

学生時代に合う人とは比類にならないくらいに「考え方、年代、趣味嗜好の違う人」と接していくので、そのために色々なことを知ることは重要です。

勉強して知識をつけるだけで、勉強をしていない隣にいる人よりも秀でることができます。

努力をし続けましょう。

人脈に投資しよう

私が、社会人になって一番役に立ったのは「人脈」と言っても過言ではありません。

それくらい「人脈」は重要です。

誰かと知り合いになりたい時
何か情報を手に入れたい時

貴方ならどうしますか?

まず頭に浮かぶのが「それを知ってそうな人を頼る」ですよね。

そしたら

人脈はたくさんあった方が良い

です。

誰かと知り合いたい場合、
ネット環境が発達した今ならツイッターでDMをしてみるなども考えられますが
全ての人が対応できるわけではないですし、そもそもやっていない可能性もあります。

全てが濃い人間関係である必要はありません。

薄くてもいいんです。

薄くてもいいから何かあった時に声を掛けられるように
フェイスブックで友達になっておく、連絡先を聞いておくなどしましょう。

では、「そもそもの人脈を増やすためにはどうしたらいいのか。」です。

それは、

  • 同じ価値観の人が集まりそうなイベント・パーティーに行ってみる
  • 人脈の多い友達に紹介してもらう

などが良いかと思います。

特に、私は後者の「人脈が多い友達に紹介してもらう」ことが多いです。

人脈が多い人は、「フレンドリー」な人が多いです。

人に人を紹介することに抵抗がないので、どんどん人を紹介してくれます。

まずは、人脈が多い友達を探して、人を紹介してもらいましょう!

経験に投資しよう

最後は、「経験」です。

このblogを読んでいるあなたに、今やりたいことがあるとしたら、

「ぜひ今やりましょう!」

とお伝えしたいです。

この世の中は

やったもん勝ち、経験したもの勝ち

ですよ!

やってみてダメだったならそれで良いんです。

ダメだって分かったことに意味がある

から。

やらなかったら、それが自分に合わないことさえわからないまま

分からないままにしておいたら、5年後も10年後も分からないままで、やりたいけどやっていないことが溜まっていくばかりです。

たくさんの量やたくさんの種類の経験を積むことにはとても意味があります。

行動をすると、分かることがたくさんできていくのです。

分かることは分けることなんですよね。

そして、若い人は、若いからこそ失敗しても立ち直せる時間があります。

とにかく失敗しましょう!笑

成功した時よりも失敗した時の方が学びがある

と言われています。

そこで学びを得て、改善しましょう。

そして成功するまで続けましょう。

成功するまでたくさんの経験をしましょう。

そしたら自分なりの成功ノウハウが積み重なります。

そして、早いうちに自分なりのノウハウをたくさん手に入れましょう。

それはきっとあなたのためになるし、もしかしたら後に同じことで失敗している誰かのためになります。

まとめ:投資商品にも経験にもチャレンジしよう!

つまり、

いろんなことにチャレンジしよう

ってことですね。

金融投資をやるのもよし!

自分に投資するのもよし!

いろんなことにチャレンジしてぜひ若い時間を思う存分楽しんでほしい、とわたしは思うのでした。

わたしも若い子たちと同じようにこれからも全力でいろんなことに挑戦し楽しみたいと思います^^

それでは、今日はこれで^^