バンコクのあれこれ

タイのSIMtruemoveHの設定の仕方とインターネット通信の延長の仕方【簡単です】

こんにちは。

タイに滞在中のフリーランスwebエンジニアのNatsumiです。

今日は「タイに滞在中のSIM」について話したいと思います。

SIMフリー携帯の普及により、
モバイルWi-fiを使って海外に滞在するのではなく、SIMを購入して通信することが多くなりましたね。

モバイルWi-fiよりも安いこともあり、SIMカードを使う人が多くなってきた気がします。

私が滞在しているタイにも短期滞在者用のSIMがたくさんあり、種類が多くて悩むところです。

タイの携帯通信会社はtrueとAISがあります。

どちらでもいいと思いますが、私はよくtrueを使っています。

ということで今日は

truemoveHのSIMカードの設定方法とSIMの延長方法

についてお話しします。

SIMカードの設定方法

そもそもの前提として海外のSIMカードを使う場合は、
スマートフォンが「SIMフリー機器」であることが必然です。

SIMフリーの携帯になっていない人はすぐに「SIMロック解除」の設定をしましょう。

・DOCOMOのSIMフリー設定方法
SIMロック解除の手続き

・auのSIMフリー設定方法
SIMロック解除の手続き

・SoftbankのSIMフリー設定方法
SIMロック解除手続き

SIMフリーの携帯を直接購入することもできます。

SIMフリーの携帯を買うならイオシスがおすすめです。


Amazonなどで購入し日本でSIMを用意していく方法

私は今回この方法でSIMをゲットしました。

タイ SIM」と検索するとたくさん出てくるので
その中から好みのものを選ぶと良いでしょう。

わたしは今回「truemoveHの8日間4GB/3GB 2枚入り」のものを選びました。

理由は

  • 8日×2の滞在分で十分だったから
  • 日本で手に入れた方が安かったから
  • 案内が英語で届くから
  • 電話代のクレジットがついている

です。

だいたい頼んでから4日以内に届いたと思います。

この届いたSIMとSIMを入れるところを開けるためのピンを必ず持って旅行にいきましょう。

現地についてからの設定

SIMは飛行機の中か空港についてから変えればOKです。

8日分ですので
「23時に入れ替えても1日分」と換算されてしまいますのでご注意ください。

パッケージを開けるとSIMのカードが入っていますので、
iPhoneであればこの大きさまで小さくしましょう。

そして、ピンを使ってSIMの入れ替えをしましょう。

何も設定しなくてもそのまま使えます。

ただ4Gを使うためには再起動が必要ですので、iPhoneを使っている人は再起動しましょう。

設定が完了すると次々にSMSが届きます。

  • 電話番号
  • SIMの有効期限
  • 電話のクレジット(電話代などに使える)
  • インターネット通信の有効期限

が載っています。

先ほどの書いた通り日本から用意していくSIMを使うと、
何も設定しなくても最初から案内が英語で届きます。

さすがにタイ語はわからないのでこの設定はありがたいです。

このように設定すれば8日間電話と通信を使うことができるようになりました。

タイについてからSIMを購入する方法

もちろん日本で用意していかなくても空港についてからSIMを買うことができます。

AISやtrueなどのお店が出口を出たところからたくさん並んでいますので、
値段を見比べて契約されると良いと思います。

私は前回「truemoveH 30日 3GB/4GB 499バーツ(約1,800円)」のものを契約しました。

設定は全てお店の人がやってくれます。

SIMの延長方法

インターネット通信の延長方法

メールにも書いてある通り8日のSIMだと

「SIM自体は1ヶ月使えるけど、インターネット通信は8日しか使えない」

です。

今回、8日よりも少しだけ長く滞在する予定だったので
8日過ぎた後はSIM自体は使えるけどインターネット通信が使えない状態になってしました。

そこで困っていたところ

電話のクレジットを使って通信利用期間を伸ばすことができる

ことを知りました。

その方法を実際にやったので共有しますね。

SIMカードがついていたこの台紙を参考にします。

100バーツのクレジットがこのSIMにはもともとついているので、

100バーツ以内で買える、「7日延長 2GB 60バーツ」の欄の「*900*1954#」に発信します。

そうするとこのような画面になります。

「了解」を押して、SMSがきているので確認します。

延長されていますね。

一応、「*900#」に発信すると、残っている通信量と期間を確認できるSMSを受け取ることができます。

自分のクレジットがどれくらいあるか確認する場合は、「*123#」に発信すると確認することができます。

なぜか60バーツ以上引かれていますね・・・。

よくわからないですが、100バーツ以内に収まっていればOKです・・・

というわけで7日間インターネット通信を延長することに成功しました。

コンビニなどに設置されているTOPUP機を使う方法もあります。

私は今回利用していませんが、

タイにはたくさんのセブンイレブンがありそこに設置されているTOPUP機で、簡単にSIMの延長をすることもできるそうです。

電話のクレジットがそもそもついていない場合はこちらの方法で延長するのも良いと思います。

まとめ:海外での通信はSIMカードが楽

ということで、
今日は「タイtrueのSIM契約方法と延長方法」について解説してきました。

とこれまでいろんなところに旅行に行きましたが
Wi-fiを1週間借りるだけで1万円取られたりして本当に高いですよね!

その一方、SIMフリーの携帯にしてSIMカードを入れ替えると本当に安いし、
どこでも通信できるし本当に便利です!

ぜひこの方法でタイで快適に滞在してくださいね!

それではきょうはこれで^^

SIMフリーの携帯を買うならイオシスで書いましょう。