旅行のヒント

バンコクからシェムリアップまでバスで行く方法【料金は?印刷は必要?/2019年4月版】

こんにちは。
17カ国目のカンボジア訪問中のフリーランスwebエンジニアNatsumiです。

先日バンコクからシェムリアップまで陸路バスで移動しました。

ということで、今日は2019年4月時点の最新のバス情報を記載したいと思います。

  • バンコクからカンボジア・シェムリアップまでバスで行こうと思っている人

は是非ご覧ください。

バンコクからシェムリアップのバスチケットの買い方

バスチケットの入手方法は以下の2つあります。

  1. オンラインでチケットを購入し、Eチケットを印刷する方法
  2. バンコク北バスターミナル(モーチットバスターミナル)まで行き直接購入する方法

わたしは今回①の「オンラインでチケットを購入し、Eチケットを印刷して行く方法」にしました。

オンラインでチケットを購入し、Eチケットを印刷する方法

オンラインでチケットする方法は、

①TTMの会員登録をする

バンコクからシェムリアップに行くバスのチケットは
タイチケットメジャー(TTM)のバスチケットサイトから購入することができます。

Thai Ticket MajorHPのスクリーンショット

タイ語と英語の表示が選べますので英語表示にしましょう。

まずは会員登録です。

右上の「Log in」というボタンを押すと、
右側に「Register TTM member」と出てきますので、そこのボタンから会員登録ができます。

TTM member登録画面のスクリーンショット
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所

などを記入し会員登録を完了してください。

TTM member登録画面のスクリーンショット2

②シェムリアップ行きのバスチケットを購入する

トップページの一番上の一番左に
「SiemReap」
と表示されたボタンがありますので、こちらをクリックします。

Thai Ticket MajorHPのスクリーンショット

カレンダーが出てきますので、乗りたい日を選択し、進む。

Thai Ticket MajorHPのスクリーンショット2

空きのある便が出てきますので、この中から乗りたい便をチェック。

Thai Ticket MajorHPのスクリーンショット3

その後、支払い方法や乗車する人の情報を入力し、チケットの購入ができます。

③Eチケットが送られてくる

すると、
「Thaiticketmajor : Purchase Online・・・・・・・・・」
という件名でメールが送られてきますので

そのメールに

  • Eチケット
  • チケットの利用規約

の書類が送付されています。

Thai Ticket Majorから来るメール添付データの写真

料金は2人分で

  • 運賃 750バーツ×2=1500バーツ
  • サービスチャージ 40バーツ
  • 手数料 46バーツ
    の1586バーツ(約5,600円)

でした。

④印刷するorチケットセンターで引き換え

受け取ったチケットは

  • 印刷してEチケットとして使用する
  • チケットセンターに必要書類とともに取りに行く

方法で入手することができます。

Thai Ticket Majorから来る書面のスクリーンショット

私はチケットが引き換えできるデパートなどから遠いとこに滞在していたので、
ホステルに頼んで印刷してもらいました。

チケットが交換できる場所はこの英文書類の下に書いてあるのでご確認ください。

バンコク北バスターミナル(モーチットバスターミナル)まで行き直接購入する方法

①バンコク北バスターミナル(モーチットバスターミナル)に行き22番窓口で購入

私たちはEチケットで買ったので直接買いに行っていませんが、

バンコク北ターミナルの22番窓口で事前に購入することもできるそうです。

もちろん席が空いていれば当日も購入可能です。

1階の正面入り口から入って、少し右寄りのところに窓口はあります。

バンコク北バスターミナル窓口の様子

購入の際はパスポートが必要となるそうなのでご注意を。

バンコク北バスターミナルのバス乗り場

バンコク北バスターミナルまでは、

  1. BTSモーチット駅からローカルバス路線に乗り換え
  2. バイタクorタクシーorGrabを使う

の方法でたどり着けると思います。

私たちは今回Grabを使ってたどり着きました。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

バスの出発口は「106番」で1階にあります。

今回私たちは3階に降ろされたので、階段で1階まで降ります。

正面入り口からまっすぐ進んで、少し左に行ったところに

「Platform106」

に、行くための入り口がありますので、
そこを通って、バスが来るまで椅子で待機です。

バンコク北バスターミナル待合室の様子

私たちが乗った日は
「9:00発」
のバスしか運行しなかったです。

通常は
「8:00と9:00」
のバスがあるそうです。

印刷したEチケットを見せて乗車します。

「バンコク シェムリアップ バス」とグーグル検索すると
実際に利用した方のブログがたくさん出てきます。

その人たちの多くのブログには
「オンラインでチケットを購入した後に、バンコク市内のチケット受取センターに取りに行かなければならない」
または
「バスターミナルの窓口に1時間前までに行って引き換えなければならない」
と買いてありましたが、
実際わたしが乗った時はEチケットを印刷した紙の提示だけで乗れました。(2019年4月時点)

念の為、1時間前に到着するようにし
22番窓口で「このEチケットで乗れるか」聞きましたが乗れるとのこと。

違うチケットと交換することはなかったです。

状況は変わると思いますので、ぜひご自身でも確認してみてください。

8:30くらいにシェムリアップに行くバスがプラットフォーム106番に来たので、乗車します。

バンコク→シェムリアップで乗るバスの写真

座席の間隔は広く、足元も広くそんなに大きくないバックパックであれば、
足元に置くこともできます。

バンコク→シェムリアップで使用するバスの中の様子

大きな荷物は荷台に自分で積み込みます。

私たちは「7Cと7D」の席を予約していたのですが、
前に表示してある数字が見えるところに座っていたら、そこは「8Cと8D」でした。笑

バンコク→シェムリアップで使用するバスの中の様子2

添乗員さんに指摘されて気づきましたが
7の人と席を交換するだけで特に移動を促されませんでした。笑

席についている人から順に
「パンとクッキーとコーヒーの粉が入っている箱と水」を受け取ります。

バンコク→シェムリアップで使用するバスの中でもらえる朝食の写真

小さいですが、置けるところもついています。

バンコク→シェムリアップで使用するバスの中の中でもらえる朝食の写真2

全ての人が席に着いたところで、バスは9:05にシェムリアップに向けて出発しました。

この日は、席は何席か空席でした。

出発してからすぐ、パスポートのチェックとVISAの保有の確認がありました。

タイの出国手続きとカンボジアの入国審査

朝の時間はバンコク市内がとても渋滞するため、
バンコク市内を抜けるのにかなり時間がかかった印象です。

2時間くらい走ったところでお菓子が配られました。

その後、プラス3時間走ったところで、タイの国境の町アランヤプラテートへ到着。

駅の前で停車すると、

バンコク→シェムリアップで途中停車するところの写真

お昼ご飯が配られます。

バンコク→シェムリアップで使用するバスで配られる朝食の写真

普通に美味しいです。

その後15分くらい走ったところで、タイとカンボジアの国境手続きの建物に到着です。

タイ→カンボジアへの出国・入国の場所の様子

このバスにはまた戻ってきて乗るため、必要なものと無くなったら困るものは所持して、
タイの出国手続きの建物に向かいます。

バスを降りる前にバスに乗っていることを証明する札みたいなものが配られるので、
首にかけておきましょう。

それで誰が同じバスに乗っていたかわかります。

タイの出国手続き

タイ→カンボジアへの出国・入国の場所の様子2

こんな道をまっすぐ進むと分岐点があります。

タイ人以外の外国人は2階での手続きとなります。

タイ→カンボジアへの出国・入国の場所の様子3

わたしが到着した時は結構並んでいて、タイの出国手続き自体が30分くらいかかりました。

そのあと、エスカレーターを降りて、カンボジアに入国です。

タイ→カンボジアへの出国・入国の場所の様子4

カンボジアの入国審査

カンボジアのVISA取得方法

カンボジアに入国するには
世界最強のパスポートを保有する日本人でもビザを取得する必要があります。

ビザを取得する方法は以下の3つです。

  1. オンラインでE-VISAをあらかじめ申請する
  2. 入国手続きの前にビザアライバルで一緒に申請する
  3. バスの中で添乗員に代理で手続きしてもらう

私はオンラインであらかじめE-VISAを申請し、ホステルの人に頼んで印刷してもらいました。

オンラインでE-VISAをあらかじめ申請する

オンラインでE-VISAを申請する方法は、

カンボジアE-VISA専用サイトにアクセスし

カンボジアE-VISA取得HPのスクリーンショット

スクロールし
「Apply now」
のボタンをクリック。

カンボジアE-VISA取得HPのスクリーンショット2
  • 氏名
  • 性別
  • パスポート番号
  • 入国する日
  • 入国審査を受ける予定の場所
  • パスポートの写真のデータ
  • 自分の顔写真のデータ

などを入力し

「37ドル」

の支払いを完了すると

まず、
「eVisa Submit」「eVisa receipt」
というメールが送られてきます。

このメールには、訂正をする際に必要となる

  • 参照番号
  • 自分のメールアドレス

などが書いてありますので大切に保存してください。

この申請の後、半日くらいで

「eVisa Approval」
というメールが送られてきます。

このメールに添え付けされているファイルがe-VISAとなります。

このファイルを2枚印刷すれば、e-VISAの入手が完了します。

印刷はカラーでも白黒でもOKです。

ちなみに、
私は当初飛行機を使って「シェムリアップ国際空港」からの入国を予定していたため
ポートエントリーを「シェムリアップ国際空港」にしていたのですが、
バスで行くことに変更したので
ポートエントリーを「ポイペト」に変更する必要があると思い、
メールに記載されている問い合わせ先にメールをしたところ
「e-Visaは入国可能な箇所全てで使用可能なので、
情報をアップデートする必要はありません」
との返信をもらいました。

一応変更することになった際は問い合わせた方が良いと思いますが、
私の場合は以上のような返答でした。(2019年4月時点)

入国手続きの前にビザアライバルで一緒に申請する

他の方法として入国手続きと一緒にVISAを申請する方法があります。

この場合だと30ドルでVISA申請可能とのことなので
手数料など払いたくない人はこちらの方法での取得をされると良いと思います。

そのかわり、写真の用意が必要だそうです。

バスの中で添乗員に代理で手続きしてもらう

また、バスの中ではVISAの取得代行をしているとのアナウンスもありました。

通常自分で取得するよりも高く取られますが、
自分でやるのは心配だという人はお願いするのもアリかもしれませんね。
(VISAを現地で取得するのはそこまで大変なことではないと思いますが)

賄賂などあまりいい話も聞きませんので、
手数料を払ってでもe-Visaで取得されるのが楽かもしれません。

カンボジアの入国審査

VISAを持っていない人は
道の途中の「VISA ON ARRIVAL」という白い建物で
先ほどの方法でVISAの取得をしてください。

タイ→カンボジア出国・入国の場所の様子5

VISAを既に持っている人は、
カジノの前を通り過ぎて
「ARRIVAL」
の緑の建物まで直進します。

タイ→カンボジア出国・入国の場所の様子6

ここで「入国カード」の記入をして、用意したVISAとパスポートを渡せば、
無事入国完了です。

あとは、先ほど通り過ぎてきたカジノの方に戻って、バスに乗り込めばOKです。

シェムリアップのバス到着場所

カンボジアへの入国審査を終えて再出発してから、
だいたい3時間半でシェムリアップに到着します。

到着場所は
「Nakkatan Bus Station」
というところです。

ここから各ホテルまで無料のトゥクトゥクが出ています。

このトゥクトゥク、ホテルまでは無料で送ってくれますが
その時に必ず「明日アンコールワットに行くのにうちを使わないか?」と提案されます。

私たちは最初「一人20ドル」と日本語で提案され
高いから無理と言っているのにずーっと提案されました。

その後英語の話す人に代わり
「このトゥクトゥクのお金を払うからホテルまでとりあえず行ってくれ」
といっているのに全然送ってくれず
呆れたので「歩いて行くからいい」と降りたところ
「無料で送る」と後ろから付いてきた人が送ってくれました。

めちゃくちゃめんどくさかったのでご注意を。

結局ホテルのツアーが同じ内容で「一人10ドル」だったので
こちらで申し込みしました。

まとめ:8時間の移動だけど意外と快適

ということで、
今日は「バンコクからシェムリアップへバスで行く方法」について解説してきました。

待ち時間が長いとか、トゥクトゥクが面倒だったとか、色々とありましたが、
比較的快適で「1度経験するにはいいかな〜」と思います。

カンボジアの田舎道の様子・町の様子は一度見ておいた方がいいかも。

「日本に生まれただけで人生楽勝モードになっている」って本当に思いました。

ぜひバンコクからシェムリアップにバスで行きたいと思っている人のためになれば
幸いです!

それでは今日はこれで^^

バンコクに行くならエアアジアを使うのがおすすめです。
LCCのエアアジアでいつでもお得な空の旅を。
エアアジア・ジャパン海外のホテルを探すにはAgodabookig,comがおすすめです。
安いプランが多くあります。
Agoda

Booking.com