ノマドの生活

【ノマド生活】バンコクの田舎ドンムアンで1ヶ月滞在した支出を公開します

こんにちは^^
フリーランスwebエンジニアのNatsumiです。

先月は1ヶ月半ほどバンコクに滞在していました!

今日はその際にかかったお金の話をしようかと思います!

日本以外で1ヶ月生活するとどれくらい支出がかかるのか気になりますよね!!

みなさんもまずは、どれくらいかかるか予想してみてください^^

条件はこんな感じです^^

  • 1ヶ月間滞在
  • バンコクのドンムアン空港近くのホステルが拠点
  • ドンムアンはバンコク中心地まではバスと電車で40分くらい
  • 週1か2くらいで中心地に遊びに行く
  • バンコクの物価は日本のだいたい半分以下くらい

私が滞在していたドンムアンの位置はこの辺りです。

この記事を読めば

バンコク・ドンムアンでの1ヶ月の支出がどれくらいなのか

がわかります。

これからドンムアンに行く・バンコクに行く予定がある人

はぜひ参考にしてくださいね。

それでは、見ていきましょう〜

1ヶ月でかかった金額は6万円

なんと!1ヶ月でかかったお金は

6万円

でした〜!

これ、ホステル代も食事代も遊び代も入れて6万円です。

めっちゃ安いですよね?!!?!?!

こんなことを言うと、

「安いけど、ご飯美味しくないしホステルも汚いんでしょ????」なんて声が聞こえてきそうですが・・・

ご飯はめちゃめちゃ美味しいし、ホステルも綺麗です!!!!!!

家賃も込みで6万円で暮らせるなんてすごいですよね〜。

それでは、詳しく内訳やどんな生活環境だったか見ていきましょう!

ホステル代が3万円

一番支出の割合を大きく取っているのがホステル代ですね

私が滞在していたドンムアンは、LCCのハブ空港であるバンコク・ドンムアン空港がある地域で、
ドンムアン空港までは歩いて10分くらいの場所なのですが、LCC利用者のためのホステルがたくさんある地域でした。

ですので滞在場所は豊富にありますし、どのホステルを選んでも綺麗でした!

私が泊まっていたホステルは「zzz hostel」です!

ベットタイプはドミトリーで8人部屋の2段ベットのベットを借りていました。

設備はもちろん綺麗ですし、ベットメイキングも適度に入ってくれるし快適でした!!

トイレとシャワーは一緒になっていて、シャンプーとボディーソープは添えつけのものがあります。

ドライヤーは取り付けのものが付いていました!

ホテルのもので気にならないのであればそれを使えば十分でした!

コンディショナーだけなかったので近くのコンビニで買って使ってました!

中くらいのサイズで2200円くらいだったと思います。

1階が受付とロビーで

2階からが客室で、2階にはテラスもあり朝食はここで食べれます^^

風が通る場所で涼しかったのでよくここでパソコン作業してました^^

そして、なんといってもここのホステルのスタッフさんが優しくて、とにかく過ごしやすかったです^^

日本人の方はここのホステルおすすめです^^

食事代が1.5万円

そして食事代が3食毎日食べて

15,000円

です!!!!!!

贅沢しなければ、1日だいたい150バーツ(500円)で済みますね。

屋台や近くの飲食店で食べるので、自炊は一切なしです。

具体的には、空芯菜の炒め物

カオマンガイ

チャーハン

などを食べてました^^

めっちゃくちゃ美味しいのにこれで200円しないんですよ〜〜〜!

ああ、バンコクってコスパ最高です。

ちなみに、一応空港などで日本食を食べることもできます。

でも物価は日本とそれほど変わらなくなりますね。

わたしは特に恋しくならなかったので食べにいかなかったです笑

その代わり野菜が定期的に食べたくなったので、
歩いて15分くらいの地元の綺麗なスーパーマッケットに野菜バーがあったのでそこは頻繁に利用していました。

400gくらいで約400円です。

ヨーロッパとかに行くと日本食を食べたくても日本より何倍も値段がしたり、そもそも地元の料理もそこまで美味しくないのに高かったりしますが、
バンコクは地元の料理も美味しいし、他国の料理もそこまで高くないのが最高ですね。

交通費や雑費で1.5万円

残りの1.5万円は雑費ですね。

交通費についてはバスやバイタク、タクシー(Grab)ですね。

バンコクの中心部にいくだけならバスとBTSといわれる電車で十分移動できます。

空港からモーチット駅までの高速バスが30バーツ(140円ほど)

BTSでどこに行ってもだいたい45バーツくらい(180円ほど)

往復で600円ほどですね。

時々タクシーを使っていましたが日本よりは断然安いです。
交通インフラがあまり整っていないところに行く時はおすすめです。

SIMを空港で買ってインターネットが使える場合はGrabがおすすめです。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

Uberの東南アジア版みたいなもので配車タクシーアプリです。

場所を指定してタクシーを呼べるので場所を間違えられることはないですし、値段も最初に表示されて決まっているのでぼったくられることもないです。

あとは現地調達で服を買ったり、遊びに行ったときの費用だったりで、全部で1.5万円です。

ああ、コスパ最高。

コスパ最高だけど困ったこと

蚊が多すぎる

とにかく蚊が多いです。

蚊よけのものとかを持っていけばよかったのですが、全く持っていかったので後悔しました。

ちなみにかゆみ止めのハーブのクリームも現地で買ったんですけど、全然かゆみが止まらなくて泣

今度バンコクに行くときは日本製のものを持って行こうと思います。

トイレットペーパーが流せない

日本に生まれて海外に行くと困ることナンバーワンがトイレ関係なんじゃないでしょうか。

日本のトイレは本当に素晴らしいです。

バンコクのトイレが悪いわけではないのですが、トイレ自体は綺麗ですが、
流す時にレバーを長く押さないと流れが悪いですし、トイレットペーパーは紙詰まりの原因になるので流せません

日本で今までの生活をしていると、トイレットペーバーが流せないのはなんとも嫌な気がします

まとめ:バンコクの田舎は生活快適コスパ最高!

というわけで、
今日は「バンコクの田舎に1ヶ月滞在した時の費用とその様子」を解説してきました。

もちろん日本の生活と違って困ることもありますが、総合的にはバンコクの生活は快適です!

ある程度稼いでタイで生活してって暮らし方もありな理由がわかった気がします^^

それでは、今日はこれで!

航空券を探すにはスカイスキャナーをつかうのがおすすめです。
スカイスキャナー

バンコク・ドンムアン空港はエアアジアのハブ空港です。
エアアジア・ジャパン

海外のホテルを探すにはagodaがおすすめです。
安いプランが多くあります。
Agoda

booking.comの2000円割引クーポンはこちらからどうぞ。

バンコク・ドンムアン空港周辺のホステルについて知りたい方はこちら。
バンコク・ドンムアン空港周辺のホステル事情【深夜発着便におすすめ】

バンコク・ドンムアン空港周辺のグルメについて知りたい方はこちら。
ドンムアン空港付近のグルメ特集【iSara向けの記事です】
/box06]