月間読書記録

【2020年4.5月】おすすめの本を紹介します

こんにちは。
年間100冊以上の本を読むフリーファイナンシャルアドバイザーのNatsumiです。

今日は4.5月に読んだ本のまとめをしていきたいと思います。

4.5月読んだ本は7冊

ということで、4.5月は合わせて7冊の本を読みました。

これで年間通算24冊になりました。

今月おすすめの本

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法

created by Rinker
サンマーク出版
¥1,870 (2020/08/01 23:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

「Think Smart」は「Think Clearly」の続編の本です。

created by Rinker
サンマーク出版
¥1,980 (2020/08/01 23:44:07時点 Amazon調べ-詳細)

「Think Clearly」をまだ読んだことがない人はこちらから読むのをおすすめします。

とっても勉強になる考え方ばかりなのでみなさん1度はよむことをお勧めします。

わたしも記事にまとめています。

【Think clearly・読書要約】よりよく生きるための思考法10選 こんにちは。年間100冊以上の本を読むフリーファイナンシャルアドバイザーのNatsumiです。 今日は「読書要約」です。 ...

さて、さきほどもお伝えした通り、「Think Smart」は「Think Clearly」の続編の本です。

「Think Clearly」は「人生でこうやって考えると良い思考法」について書かれているのに対して、「Think Smart」は「人生で避けた方が良い思考法」について書かれています。

実は、「良いをやっていく」よりも「悪いことを避ける」方が重要なんですね。しかも簡単なんです。

その「避けるべき考え方」について書かれているのでこちらも必読です。

ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス)―GAFA時代の人生戦略

created by Rinker
東洋経済新報社
¥1,760 (2020/08/01 23:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

「The four GAFA」という本を読んだことがある人は多いかもしれません。

created by Rinker
¥1,782 (2020/08/01 23:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

この本を書いた筆者が「現代の幸せ」について書いた本がこの本です。

このHAPPINESSでは、GAFAなどのSNSやインターネット企業によって地球の裏側にいる人が何をしているのかまで分かるようになった現代に「幸せ」になるためにはどう考えるべきなのか、どう行動するべきなのかが書かれています。

資本主義に希望はある 私たちが直視すべき14の課題

今はアメリカをはじめとする地球上のほとんどの国が「資本主義」を採用しています。

特に戦争が終わってはこの「資本主義」が国を反映させ、経済を成長させてきました。

しかし、「資本主義」は「中心」と「その周り」があるからこそ成り立ち、持てるものがより多くのものを持ち、持てざるものはより持てないという仕組みで、「r>g」という方式を耳にしたことがある人も多いかもしれませんが、格差が格差をより大きくするのが「資本主義」だと今はよく言われています。

そんな「資本主義」についてこれからの考え方と展開について述べたのがこの本です。

「資本主義」について知りたい人、これからの「資本主義」について考えたい人にはオススメの本です。

営業はいらない

created by Rinker
¥822 (2020/08/01 23:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

今の日本の「営業」の現状と、アメリカで新しく定着している「営業」のあり方について述べ、これからの日本の「営業」についてまとめたのがこの本です。

アメリカでうまく行っている営業の事例として挙げられているセールスフォースと日本の古い営業方法が未だ続けられている野村證券の事例はなかなか面白かったです。

まとめ

ということで、

今日は「4.5月に読んだ本の紹介」をしてきました。

ぜひみなさんも読んでみてください。