月間読書記録

【読書本・オススメ】6月読んだ本紹介します【年間100冊目標】

こんにちは。
年間100冊以上の本を読むフリーファイナンシャルアドバイザーのNatsumiです。

6月ももう少しで終わりということで、
今日は6月読んだ本の紹介と、特に良かった本の感想を書いていこうと思います。

6月読んだ本は13冊

今月は、13冊読めましたね。

これで、

通算73冊

になりました。

あと2ヶ月あれば100冊は達成できる気がしてきましたね。

今月のオススメ本

心理学者が教える思うように人の心を動かす話し方

「『情を動かせる』ような話し方をすることは、営業マンにとって重要なテクニック」ですが、

相手の「情」を動かすためには、

心理メカニズムや心理テクニックを理解して、それを使った話し方をする

と言うことをやってみると良い、とこの本では述べられています。

心理メカニズムや心理テクニックを使用した話し方の説明として

この「心理学者が教える思うように人の心を動かす話し方」の内容を説明しています。

  • 小さい要求を受け入れてもらうこと
  • 無理難題を言った後に、本当の要求をすること
  • 結論を先に言うこと
  • 「周りの人も」と言うこと

などが挙げられています。

営業マンや人を相手とする仕事をしている人ならば、ぜひ1度は読んでおきたい1冊です。

時間とムダの科学

created by Rinker
¥1,980
(2019/10/23 04:09:25時点 Amazon調べ-詳細)

2005年出版なのでだいぶ古い本になってしまうのですが、その時代に活躍する経営者の時間の使い方や仕事への考えが載っている本です。

「結果を出せるは、自分の仕事に使命感を持っているため
『自分は今何をすべきか』/『会社のために何をすべきか』を常に考えて行動している。
個人が使命感を持てば、自ずと、仕事の優先順位と処理するスピードが上がるので仕事に無駄がなくなるから結果が出せる

という元花王の後藤さんとファーストリテイリングの柳井さんの対談の中の言葉は、なかなか肝に銘じたい言葉だと感じました。

他にも、企業経営者が夢を叶えるためにやっていることや時間の使い方などが載っていますので、ぜひ企業経営者の考えが知りたい人は読んでみてください。

投資の鉄則

投資初心者の人にも、投資を長年やっている人にも、「投資の鉄則」を今一度頭に確認させるためにも読んでほしい1冊です。

私はこの本の割安株投資の章を読んで、改めて

株は安い時に買って、高い時に売らなければならない。

と反省しました。泣

「そんなの当たり前でしょ」と思っても人間には感情があります。

いざ相場が動いていて、株価が動いている時に冷静には冷静になれないのです。

だからこそ、その時にこの言葉を思い出すためにも、ぜひこの本をしっかりと読んでほしいので投資をやっている人はぜひこの本読んでください。

成長株投資戦略など過去凄まじい成績を出してきた投資家の輝かしい投資方法が具体的に載っています。

一部内容はこちらで説明しているのでこちらでご覧ください。

父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話

経済の本としてわかりやすいと話題の本ですが、確かにわかりやすかったです。

  • 市場と経済について
  • なぜ経済が生まれたのか
  • なぜ西洋人がアジアや他の国を植民地にできたのか
  • 経営者のジレンマ
  • なぜ地球は汚されていくのか

などの内容が載っています。

個人的に、「経済ができた流れ」はとってもわかりやすかったし、「なるほど〜!」と思ったのでぜひ読んでほしいです。

世界のビジネスエリートが身につける教養としてのワイン

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,728
(2019/10/23 03:45:45時点 Amazon調べ-詳細)

「ワインについて勉強したいな〜」と思いながら、そのままになっていたけどやっと読んだ1冊です。

ワインについて何も知らないわたしでも、

  • ワインに使われるぶどうの種類について
  • ワインの名産地
  • 名産地の特徴/強み
  • ワインの投資

などについてわかりやすくまとめられていてオススメの1冊です!

ワイン投資についてはこちらの記事でまとめています。

まとめ:6月は教養の本を多めに読みました

ということで
今日は「6月に読んだ本とオススメの本」紹介しました。

これ以外の本も内容よかったです!

ただ絞られたジャンルなので、ぜひ気になる人は読んでみてください^^

それでは今日はこれで^^

電子書籍ならKindleがおすすめです。