企業分析

Toutiao (Bytedance)の企業分析【ユニコーン企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

この記事では「企業分析」をしていきます。

ツナモンスター
ツナモンスター
中国で流行っているアプリで「今日頭条(Toutiao)」っていうのがあるんだって!
なんかTikTokとも関わりがあるみたい?
どんな会社か詳しく教えて!

日本では高校生や学生の間で大人気になっている「TikTok」

このアプリを提供する会社は、大人気ニュースアプリの「今日頭条(Toutiao)」を提供する中国の「Bytedance 」という会社です。

Bytedanceはユニコーン企業であり上場していませんが、
企業が持つ技術力やその価値から、世界中の投資家から注目されています。

ということで、今日は

中国・Toutiao (Bytedance)/トウティアオ(バイトダンス)

の企業分析をし、

  • Toutiao (Bytedance)の事業内容
  • Toutiao (Bytedance)の強み
  • Toutiao (Bytedance)の今後の戦略

を明らかにしていきたいと思います。

Bytedanceってどんな会社?

Bytedanceとは、

中国で急成長しているニュースアプリ「今日頭条(Toutiao)」や日本でも人気の「TikTok」を提供している

会社です。


ByteDance公式サイトより)

このロゴではピンとくる人はいないかもしれませんが、

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元:TikTok Pte. Ltd.
無料
posted withアプリーチ

このアプリを知っている人は多いかと思います。

日本では高校生や大学生を中心に人気になっているSNSアプリです。

日本では「Tik Tok」として有名なこのアプリですが、中国名ですと、

抖音/Douyin

といいます。

また、中国で人気になっているニュースアプリは

今日頭条(Toutiao/トゥティアオ)

です。

今日头条
今日头条
開発元:Beijing Bytedance Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「今日のヘッドライン」を意味する「今日頭条」では、
AIが様々なニュースサイトの情報を分析し、利用者の属性に合ったニュースを毎日1億2,000万人の利用者に配信しています。

2012年の中国で、当時29歳のZhang Yimingにより設立されました。

その急成長と技術力により、ユニコーン企業のランキングではトップの地位を獲得しています。

企業名 企業価値($B) 兆円 業種
1 Toutiao (Bytedance)/トウティアオ(バイトダンス) 75 79.50 中国 AI
2 Didi Chuxing/ディディ 56 59.36 中国 交通手段
3 JUUL Labs/ジュールラボ 50 53 アメリカ 電子タバコ
4 SpaceX/スペースエックス 33.3 35 アメリカ 宇宙輸送
5 Stripe/ストライプ 35.25 37 アメリカ フィンテック
6 Airbnb/エアビーエヌビー 35 37 アメリカ フィンテック
7 Kuaishou/快手 18 19 中国 モバイル
8 Epic Games/エピックゲームズ 15 16 アメリカ ゲーム
9 DJI Innovations 15 16 中国 ハードウエア
10 Grab/グラブ 14.3 15 シンガポール 交通輸送

ニュースアプリ・ショート動画アプリの市場について

スマートフォンによるニュースの消費は年々伸びています。

ニュースアプリはYahoo!圧勝、世界では「ニュースのスマホ消費」が進むより)

アメリカでは利用率は2016年に44%と半分以上の人が、スマートフォンよりニュースの情報を得ています。

スマホユーザー全体の7割がニュースアプリをダウンロードしている一方、週に一度でも利用するユーザーはそのうちの3分の1となっています。

アメリカで一番利用されているのは「FOXニュースアプリ」(スマートフォン利用者のうち14%が利用)

ドイツでは「SPIEGEL ONLINE」(同15%)、オーストラリアでは「ABC」(同16%)。

一方イギリスは、スマートフォン利用者の何と51%がBBCアプリを利用していました。

BBCのサイトに集まるアクセスのうちスマートフォンとタブレットの合計は65%にもなるります。

そんなニュースアプリ市場で、今注目が集まっているのが「Toutiao」です。

2019年7月時点で、世界で最もダウンロードされているニュースアプリが「Toutiao」です。


Top News Apps Worldwide for July 2019 by Downloadsより)

ショート動画アプリ市場においては、

今後5年間で中国のショート動画の数は14倍増え、スマホのトラフィックの70%がショート動画に利用される、との予測を、ある関係機関が示しています。


「TikTok」などライブ配信&ショート動画プラットフォームの台頭で変わる中国の消費行動とマーケティングより)

2019年には、ショート動画の市場規模が300億元に達すると推定されています。

第43回「中国インターネット発展統計報告」によると、

中国の8億2,900万人のインターネットユーザーのうち、モバイルインターネットユーザーは98.6%を占めており、そのうち、ショート動画を使用しているネットユーザーは6億4800万人に達したといいます。

上記のように、現行の通信規格『4G』時代に、ブロードバンドの普及や回線速度の高速化が進み、動画コンテンツが急増し、ショート動画サイトが台頭しました。

今後『5G』が実用化されれば、新たなコンテンツが多く誕生し、

「5G」時代には、AR(拡張現実)、顔認識といった科学技術がショート動画に応用され、ライブ動画配信やショート動画に新たな変革がもたらされ、産業全体やユーザーにより大きな想像空間を与えるとも言われており、

ショート動画市場はこれからも伸び続けることが予想されます。

また、2018年世界中でダウンロードされたアプリで4番目に多くダウンロードされたアプリは「TikTok」です。


App Download and Usage Statistics (2019)より)

この2つのアプリを運営する「Bytedance」が「ニュースアプリ市場・動画アプリ市場」でいかに勢いのある会社かお分かりいただけると思います。

Bytedanceの事業と強み

Bytedanceの強みは、

  • 利益を生む「場」の形成
  • AIを活用した、コンテンツのレコメンド

の2つです。

「場」の価値が高まれば、それに比例して「場」に関わる参加者全ての利益となります。

プラットフォーム上ではユーザーが記事を投稿し、記事に対するPVに比例して広告モデルによるレベニューシェアを行います。

「場」の価値を高めるためには、まず多くのユーザーを引きつけ、サービス上に集客する必要がある。
そのため、Toutiaoはトレンドを掴み、そのトピックに関するバズを場に集め、更に多くのバズを場の中で生み出す事が必要となる。
Toutiaoの管理画面は、Toutiaoがこのことを強く意識し、プラットフォーム上でコンテンツが生み出される流れを後押ししようとしていることを示している。

このように、機械的に集められたトレンディングなトピックが一覧でき、そのトピックについてワンストップでコンテンツを生成できるツールを提供している。
このようなホットトピック分析とそのフリー画像まで使用可能な一気通貫の記事作成体験を提供するサービスは、日本のUGCプラットフォームではまだ存在しないのではないだろうか。
中国ニュースアプリ Toutiao、クリエイター戦略をひも解くより

AIを活用した、コンテンツのレコメンドでは、

ニュースアプリ「今日頭条」は、

アルゴリズムによるユーザーの趣味志向に合わせたコンテンツを自動的に配信するという方法

で、コンテンツ集約アプリ分野に風穴を開けました。

モバイルインターネット専門市場調査会社QuestMobileのデータによれば、2018年12月現在、今日頭条アプリは2.39億の月間アクティブユーザー(MAU)を擁しているが、これはMAU2.88億に上る「騰訊新聞(テンセントニュース)」に次ぐ規模であり、しかも「新浪(Sina)」、「網易(ネットイース)」、「捜狐(Sohu)」、「鳳凰(ifeng.com)」などの老舗ポータルをはるかに凌いでいる。またプラットフォームにおける頭条号(アカウント)は2015年9月の3.5万個から2018年3月の150万個にまで増加している。
「頭条圏子(Toutiaoグループ)」は「今日頭条(Toutiao)」のトラフィックの天井を突破できるか/36kr.jpより

中国では、老舗の大手ポータルサイト「新浪(Sina)」「捜狐(SOHU)」「網易(NetEase)」や検索サイトの「百度(Baidu)」がそれぞれニュースに限定したアプリを出しているし、またチャットソフト「微信(WeChat)」もまた標準でついてくるニュースアカウントが頻繁に最新ニュースを配信する。

こうしたニュースアプリがあり、それぞれ一定数昔からの支持者がアプリを利用していたにも関わらず、今日頭条は、それらを追い抜きニュース系アプリの定番になろうとしている。
中国のニュースSNSアプリ「今日頭条」人気の理由より

膨大なニュースサイトを配下に収めAIを用いて写真や動画を配信する今日頭条は今や、百度を脅かす存在になり、

今日頭条、TikTokなどのByteDance系アプリは中国モバイルインターネットユーザーのアプリ利用時間の9.7%を占有し、
テンセントの47.3%、アリババグループの10.4%に次ぐ第3位の座を占めています。

AIを活用した、コンテンツのレコメンドの仕組みは以下の通りです。

微信などのSNSと紐づけて登録すると、趣味趣向が分析されて過去のスマートフォンで起こしたアクションに関連するニュースを中心に配信される。
加えてプロフィール画像が上半身なのかイラストなのか全体像なのかなどで、似たような趣味趣向があるとし、その画像情報を得て自動的に配信するニュースを選別する。

中国のニュースSNSアプリ「今日頭条」人気の理由より

また、TikTokのグローバルマーケティング戦略は、

文化の違うグローバル市場への進出において各国のコンテンツ消費習慣や文化に合わせた展開方法

を取っています。

中国では先発の「快手」が人気だったため、TikTokではグローバル戦略に力を入れることで、世界で人気の動画アプリとなりました。

現在、TikTokの利用が禁止されているインドネシアを除き、11カ国でInstagramを上回るほど人気を集めています。

Bytedanceの過去2年の売上高は、2017年が150億元(約2475億円)、2018年が500億元(約8250億円)と3倍以上になっており、
海外での展開次第では今年の1,000億元(約1.65兆円)も夢ではありません。

Bytedanceの今後の戦略

Bytedanceの主力アプリは「今日頭条」でしたが、

直近では、「抖音(Tik Tok)」がデイリーアクティブユーザーで今日頭条を上回っています。

ショートムービーで表示される広告のCPM(掲載回数1000回あたりの料金)は画像やテキストの広告よりも高単価になっており、TikTokの流行が広告収入の増加に貢献している。
バイトダンスの幹部は「売上目標1000億元の数字は低めに見積もった数字であり、TikTokはまだ潜在能力を発揮できていない。今年は海外市場でさらなる飛躍も目指す。」と述べている。
バイトダンス、2019年の売上高は最低1.65兆円が目標より

また、ソーシャルメディアとは直接関連のないセクターへの投資を開始しています。

ロイターは、同社が人工知能が生み出す音楽を手掛ける英新興企業ジュークデックから人材を採用したと報じています。

既存の勢いのあるアプリの飛躍と、今後の成長分野への投資で、どんどん大きくなることは間違い無いでしょう。

まとめ:プラットフォームを提供する企業は強い

ということで、
今日は「トウティアオ/バイトダンス」の企業分析を行ってきました。

やはりプラットフォームを提供する企業は強いですよね。
情報は毎日どんどん蓄積されますし、それによった新しいサービスが生まれる。

すごいなあと思います。

それでは今日はこれで^^