企業分析

プリファードネットワースの企業分析【日本のユニコーン企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

この記事では「企業分析」をしていきます。

ツナモンスター
ツナモンスター
ユニコーン企業ってよくニュースで聞くけど日本にもあるんだね。
人工知能に関係ある会社が日本では一番企業価値が大きいらしいけど、どんな会社なんだろう?教えて!

人工知能開発で、トヨタ自動車やファナックなどの大手企業から資金を調達し、プリファード・ネットワークス

事業面でも連携を進め、今日本で一番注目されているスタートアップ企業です。

今日は

プリファードネットワークス

の企業分析をしていき、

  • プリファードネットワークスがどんなことをやっているのか
  • プリファードネットワークスの強みはなんなのか
  • プリファードネットワークスの今後の戦略

を明らかにしていきたいと思います。

プリファードネットワークスってどんな会社?

プリファードネットワークス

深層学習技術とロボティクス技術のビジネス活用

をしている会社です。

2014年に西川徹氏、岡野原大輔氏らにより創業されました。

日本のIoT分野での活用を中心にディープラーニングの研究と開発を行っています。

人工知能・ディープラーニングは、今世界的に注目されている分野で、様々な企業が「〇〇×AI」という形で新しいマーケットを作ろうとしています。

そのため、様々な企業と提携のできる「AI・ディープラーニング」の研究開発を行っているプリファードネットワークスに注目が集まって居ます。

そのため、プリファードネットワークスの企業価値は20億ドルを超えており、

時価総額10億ドルの企業価値となっている未上場の企業のユニコーン企業の1つとなっています。

ユニコーン企業となっている日本の企業は3社あります。

  • プリファードネットワークス
  • スマートニュース
  • リキッド

の3社です。

企業名 企業価値 業種
プリファードネットワークス 20億ドル AI
スマートニュース 10億ドル ニュースアプリ
リキッド 10億ドル フィンテック

 

AI/深層学習技術市場について

富士キメラ総研の「2019 人工知能ビジネス総調査」では、2030年度のAI市場は2兆1,286億円に成長するとの予測でした。

2018年度のAI市場の見込みが5,301億円なので、4倍以上に市場が拡大する計算です。

2016年の総務省の「IoT時代におけるICT経済の諸課題に関する調査研究」でも、IoT+AIは2030年に実質GDPを132兆円押し上げる効果があると述べられています。

プリファードネットワークスの強み

プリファードネットワークスは機械学習や深層学習などを応用し、主に自動運転やロボット、バイオヘルスケアの分野で事業を行っており、

トヨタ自動車、ファナック、国立がん研究センターなどと協業しています。

プリファードネットワークスが開発した

オープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer」(チェイナー)

は、世界中の企業や開発者に利用され、AIの研究開発の最前線に食い込んでいます。


スタートアップとしての知的戦略:経済産業省)より

ディープラーニングは、AIの学習手法の一つです。

膨大な量のデータの中からコンピュータが特徴を洗い出すという、人間の脳にヒントを得た構造を持ち、第3次AIブームのきっかけともなった技術です。

深層学習のプログラムを書くために利用するフレームワークについては従前、一般的に使われていたものは使いにくさが課題でありました。

また、ネットワーク分野は進化速度が激しく、ディープラーニングをビジネス現場で利用しようとしても確定したアルゴリズムの開発が追いつく状況になく、ビジネス現場に浸透させるには困難でした。

このようなディープラーニングの使いにくさに疑問を抱き解消しようとしたのが、プリファードネットワークス創始者の西川徹氏と岡野原大輔氏です。

彼らは当時まだ東京大学の学生でしたが、徐々に開発を進め、後にChainer(チェイナー)と呼ばれるソフトウェアを開発することになりました。

チェイナーは自動運転技術などの実現を支えるまでになっており、AIをさまざまな分野で活用させることに大いに役立っています。

2017年には、「分散学習パッケージChainerMN」で大規模並列コンピュータを活用し、ディープラーニングの学習速度において世界最速(ImageNetの学習を15分で完了)を実現させました。

2018年10月にはディープラーニングを用い少量の血液でがんを判定するシステムの共同研究を開始しました。

日本人の死亡原因の第1位であるがんを早期発見することの重要性に注目し、より高精度のがん検診の実現を目指して研究されるものです。

これが成功すれば、少量の血液採取で14種のがんの早期発見ができるようになり、患者にとっても負担が少ないがん検査の普及が期待できます。

ひいては、がん検診の受診率の向上や早期発見による死亡率の低減が見込まれています。

また、同社は重点分野の1つの交通システムで、画像認識を利用した自動運転システムに取り組んでいます。

自動車、自転車、歩行者などをリアルタイムに認識できていおり、トヨタ自動車との協業もあり、自動運転事業のより一層の拡大も期待できます。

製造業ではファナックとの提携をしています。

工場はあちらこちらにセンサーが設置され各種データが集められ、さまざまな種類の無数のデータを人工知能が解析し、ロボットなどの駆動装置を最適な方法で動かすことで、スマート工場へ知能化を進めています。

「コンピューターサイエンスの分野において、PFNほど、優秀な人の密度の高い企業は日本で他にない」
トヨタも虜にする「天才が憧れる天才」AI企業、PFNゴールデンチームの全貌

と言われるほどの優秀な人材を集めているのも、この会社の強みとなっています。

プリファードネットワークス今後の戦略

今、プリファードネットワークスでは「パーソナルロボット」に力を入れています。

人間の生活空間で、まだまだネットワークに繋がっていない部分がたくさんあるなかで、ロボットのようなものは、現実世界に直接アクションを起こせるんです。つまり、まだインターネットに繋がっていないものを繋げられるようになるわけですね。こういったロボティクスとAIの技術がともに発展して、実生活で役に立つAIの技術が一般の社会に浸透している世界が、この5年の間に現れるんじゃないかと思います。
5年以内にAIは社会に浸透する Preferred Networks社長 西川氏×村田機械社長 村田氏が語った、AIで変わる未来より

と、代表の西川氏も話しているとおり、

私の生活により密着した、より役立つロボットが現れてくるかもしれません。

他、西川氏のインタビューはこれからの日本の企業や産業についての意見が書いてあり、とても面白かったので読んでみることをお勧めします。

▶︎ この国は技術でよみがえる、 武器はハードとAI
▶︎ 5年以内にAIは社会に浸透する Preferred Networks社長 西川氏×村田機械社長 村田氏が語った、AIで変わる未来

まとめ:日本で今一番注目の会社

ということで、
今日は「プリファードネットワークスの企業分析」をしてきました。

西川社長は新規上場については特に明言していませんが、今日本のIPO関連では一番注目株かもしれません。

上場するならぜひ買い付けしたい企業です。

それでは今日はこれで^^