企業分析

エヌビディア/NVIDIAの企業分析【MITテクノロジーレビュー賢い会社50企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

ツナモンスター
ツナモンスター
最近エヌビディアっていう企業のGPU?っていうのがすごいって聞いたよ!
これからの画像技術に革命を与えるらしいんだけど、どういう会社が作っているんだろう?
教えて!

昨今、「自動運転」や「AI」という言葉を聞かない日はないくらい、それらの技術は私たちの生活に定着し、また私たちの生活をこれからも変化させていくとされています。

今日は、そんな私たちの生活に関わる「目」「画像」を変化させていく技術を開発している

アメリカ・NVIBIA

の企業分析をし、

  • NVIDIAの事業内容
  • NVIDIAの強み
  • NVIDIAの今後の戦略

を明らかにしたいと思います。

NVIDIAってどんな会社?

NVIDIA

半導体の製造開発

をしている会社です。

ジェン・スン・ファンが、1993年にクリス・マラコウスキーらと共に設立した会社です。

さて、皆さんは「半導体」がどのようなものかご存知ですか?

半導体とは

半導体で作られた電子回路(半導体デバイス)のこと

を言います。

こんな装置を見たことはありませんか?

これが、「半導体で作られた電子回路=半導体」です。

そもそもは「半導体」という「状態のこと」を表している言葉ですが、
今では「半導体で作られた電子回路」のことも「半導体」というようになりました。

半導体という「状態のこと」のことを指す場合は

物質は電気の通りやすさで、銅のように電気をよく通す「導体」と、陶磁器のように電気を通さない「絶縁体」、そしてその中間の性質を持つ「半導体」に分けられます。

以上のような性質のことを「半導体」と言います。

半導体は身の回りのあらゆるものに使われています。

パソコンやゲーム機、TV、スマートフォン、そして自動車にいたるまでです。

半導体はそれらの製品で、

情報を記憶する、数値を計算するというような人間の頭脳にあたる役目

を担っています。

そしてこの半導体を利用し、革新的な製品を作っているのがNVIDIAです。

NVIDIAは、2017年にMITテクノロジーレビューが発表した「賢い会社50ランキング」で1位を獲得しており、その技術は高く評価されています。

企業名事業内容
1NVIDIA (米)半導体の製造開発
2Space X (米)ロケット開発
3Amazon (米)EC・クラウドサービスの提供
423andMe (米)遺伝子検査の実施・レポート販売
5Alphabet (米)検索エンジン・クラウドコンピューティング
6iFlytek (中)音声認識システムの開発
7Kite Pharma (米)バイオ医薬品の研究開発
8Tencent (中)メッセージアプリ・オンラインゲーム開発
9Regeneron (米)バイオ医薬品の研究開発
10Spark Therapeutics (米)バイオ医薬品の研究開発

 

エヌビディアの強み

エヌビディアの注目するべき半導体製品は

GPU

です。


エヌビディアHPより)

略さずにいうと、

「Graphics Processing Unit」といい、画像処理を得意とするパソコンの部品

のことを指します。

そしてこのGPUの性能が、エヌビディアのものは優れているために注目されています。

「どれくらい優れているのか」というと

従来GPUは、PCやゲームの分野で画面上に画像を表示するために使われてきた。3次元の画像や高画質の画像を表示するには、大量の情報を処理しなければならない。CPU(中央演算処理装置)だけでは処理できない作業を補完する部品として、画像の高速処理に特化してきた。

その性能は数字を見れば明らかだ。CPUで画像を処理する場合、1秒間に処理できる画像の枚数は約5枚。それに対し、エヌビディアの最新GPUを用いると1秒間に900枚もの画像を処理することができる。
AI半導体「エヌビディア」は何がすごいのかより

ということで、

「1秒に画像5枚しか処理できないCPU」に比べ、
NVIDIAの「GPUは1秒に900枚もの画像を処理できる」

とは、圧倒的な優れた性能です。

NVIDIAの今後の戦略

NVIDIAのGPUが素晴らしいということがわかりましたが、
このPGUが今後どのような場面で使われていくのかみていきましょう。

一番期待されているのが

ディープラーニング/AI技術

の分野です。

人間の脳の構造を手本にして大量のデータを分析し処理能力を高めるのが「ディープラーニング」ですが、

たとえば人間の顔の画像データを大量に学習させれば、さまざまな画像からAIが人間の顔を見分けられるようになります。

GPUを用いることで、通常1年ほどかかるディープラーニングの処理を1カ月程度で終えることができ、開発効率を大幅に向上させることができる。今やGPUはAIに欠かせない技術となっている。

ということで、

「AI技術とGPU」

は、切っても切れないテクノロジーであり、

そのGPUの中でも優れたGPUを作る「NVIDIA」が、これからの未来を作る企業として注目されています。

「GPUはAI技術に欠かせないテクノロジー」であるため、様々な会社と提携し、そのテクノロジーを提供しています。

例えば、日本の「トヨタ自動車」との提携を、2017年5月に発表しています。

自動車のトヨタと半導体のエヌビディアがどのような分野で提携を結ぶこととなったのでしょうか?

それは

自動運転

の分野です。

トヨタは、今後数年以内に自動運転市場導入を見込んでいます。

自動運転には様々な技術が使われていますが、自動運転システムの性能を高める1つの技術として

エヌビディアのGPUによる画像分析

に力を入れています。

自動運転をするには、車につけたカメラから得た情報を「瞬時に」分析する必要があります。

なおかつ、その画像分析に「間違いがない」ように、「高精度で高解像度な分析」ができる必要があります。

それができるのが「NVIDIAのGPU」というわけです。

2019年3月には「自動運転分野の提携拡大のニュース」も出ており、自動運転分野におけるNVIDIAの存在はますます大きくなっていくと予測できます。

2019年6月にはボルボグループとも戦略的提携を結ぶと発表しています。

NVIDIAの株価について

NVIDIAはニューヨーク市場に上場しており、
アメリカ株の取引ができる証券会社に口座があれば取引をすることができます。

2019年10月23日の終値は「195.65ドル」です。

2019年10月23日時点の参考指標は以下の通りです。

  • 時価総額 609,000,000株(10/23)
  • 発行済株式数(連) 609,000,000株(10/23)
  • PER(実績)(連) 28.72倍(20:00)
  • PBR(実績)(連) 12.69倍(20:00)
  • EPS(実績)(連) 6.81(2019/01)
  • BPS(実績)(連) 15.42(2019/01)
  • 52週高値 224.19ドル(18/10/23)
  • 52週安値 124.46ドル(18/12/26)

気になる方はエヌビディアの株価をチェックしてみてください。

まとめ:将来有望な企業に投資をしよう

ということで、
今日は「NVIDIAの企業分析」をしてきました。

未来の自動車の運転は、人間が運転席には乗っているものの「自動運転」での運転が当たり前になる時代となるかもしれません。

そうなったときに、間違いがなく高性能な画像分析のできるNVIDIAが自動運転技術に用いられるというのは、当たり前のことかもしれません。

今後もどのような企業との提携がされていくか注目したいところです。

それでは今日はこれで^^

★エヌビディア株は「SBI証券」で買い付けできます!