企業分析

Google/Alphabetの企業分析【MITテクノロジーレビュー賢い会社50企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

ツナモンスター
ツナモンスター
今や「ググる」なんて言葉ができるくらい、分からないことがあったら、Googleで調べたら何でも分かる時代だよね。
でもGoogleって検索事業以外にやっていることってあるの?
どんな分野で稼いでいるんだろう?
詳しく教えて!

日本の検索エンジンはほとんど「Google」によってされているくらい、日々の生活に欠かせない存在となっている「Google」

今日は、

アメリカ・Googleの親会社であるAlphabet

の企業分析をし、

  • Google/Alphabetの事業内容
  • Google/Alphabetの強み
  • Google/Alphabetの今後の戦略

を明らかにしたいと思います。

Alphabetってどんな会社?

Alphabetは「検索エンジン・クラウドコンピューティング」の会社です。

「Alphabet」というとあまりピンとこないかもしれませんが、
傘下にはみなさんが毎日1度はお世話になっているかもしれないサイトを運営している会社があります。

それが、

Google

です。

1998年、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの2人がスタンフォード大学博士課程在籍時に会社設立

をしています。

もともとは「Google」という名前で上場していた会社ですが、

2015年に持ち株会社「Alphabet」(アルファベット)を立ち上げ、その傘下にドライバーレスカー事業などのベンチャー事業をぶら下げ、広告事業を軸とするグーグルと並列な関係にするという経営組織再編

を行いました。

そのために、株式や会社の話をするときは「Google」という名前よりも「Alphabet」の名前が使われるようになっています。

Googleの事業内容と強みについて

Googleの事業は、

  • Googleの検索
  • YouTube
  • Android
  • アプリ
  • クラウド
  • Google Play
  • ハードウェア

など多数あります。

どれもみなさんが身近に利用しているサービスばかりではないですか?

分からないことがあったら「Google検索」
移動中に「YouTube」で動画視聴
携帯は「Android」を使用
データは「Google Drive」に保存

など、Googleの提供するサービスは私たちのいたるところに存在しています。

特に「日本の検索エンジンの市場」については、


statcounterより)

7割以上のシェアをGoogleが獲得しています。

日本ではまだYahoo! JAPANが一定の存在感を示すものの、

実はYahoo! JAPAN検索は、内部的にはGoogleの検索エンジンを利用しているので、Googleの実質的なシェアは日本でも90%を超えています。

というわけで、Googleの検索エンジンは、中国やロシアなど一部の国を除き、世界で90%のシェアを占めています。

また、Googleは、2006年に16億5000万ドルでYouTubeを買収しました。

「YouTuber/ユーチューバー」という職業名ができるくらい、現在は「動画」で情報を得たり、娯楽に供する時代になりました。

よって、

活字検索エンジンの「Google」
動画共有サービスの「YouTube」

が今のアルファベットの収益の柱となっています。

グーグルの売上構成比


Apple、Googleなど世界を席巻する5大IT企業の収益構造をグラフ化してみたら、意外な違いが見えてきた:FINDERより)

Googleの親会社であるAlphabetは、売上の多くを広告に頼っている。
YouTubeを含むさまざまなコンテンツの広告売上高は、全体の70.4%に及ぶ。Alphabetは新たな収入源を探るため、次のGoogleとなりそうな新たな事業に投資している。
例えば、成層圏に気球を打ち上げインターネット網を広げるLoonや自動運転車を開発するWaymoなどだ。
現在はまだ6億ドルしか生み出せていないが、今後に注目だ。
Apple、Googleなど世界を席巻する5大IT企業の収益構造をグラフ化してみたら、意外な違いが見えてきた:FINDER)より

従来の広告依存によるGoogleの売上構造は変わっていないものの、以前は90%以上が広告の売上だった。
最近では、Google Play、「Google Home」といったハードウェアなど広告以外の売上が増加している。
年々少しずつだが広告以外の売上が増加しており、Googleの収益構造が着実に変わろうとしている。

Google、2018年は約15兆円の売上:視覚障碍者向けアプリ提供「全ての人々が情報にアクセスへ」より

グラフを見て通りですし、引用でも書かれている通りですが、グーグルの収益源のほとんどが

広告収益

です。

YouTubeを見ている時に途中に入っていくる広告がありますよね。

あの広告枠に「広告を載せてたい」という会社がGoogleにお金を払うことで、広告枠に広告を載せてもらうことができます。

YouTube以外にも色々なサイトの色々なところに広告が現れますよね。

あれは表示される会社がGoogleにお金を払って、広告を載せてもらっているのです。

このお金こそがGoogleの収益です。

以前は、9割以上がこの「広告収益」による売上でしたが、現在では他の事業での売上も上がってきているため、7割ほどが「広告収入」という売上構成比になっています。

Aphabetの今後の戦略

Googleは、収益の柱である広告収入が成長し続けています。

その理由としては、

検索エンジンだけが理由ではなく、さまざまなGoogleのサービスの利用を促して新たなユーザーを獲得し続けているから

と言われています。

◆  2019年の成長率は3.8%、2020年は4.3%と予測。2019年で10年連続の成長となり、総広告費は過去最高を更新し6,250億米ドルへ

世界のデジタル広告費の成長率は、2018年に13.8%(前回予測は12.6%)、2019年に12.0%(同11.3%)、2020年に10.8%と、二桁成長が続く見通しです。(図表2参照)
2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.5%※2となり、初めてテレビ広告費の35.4%※2を上回ることになり、その割合は2019年には41.4%、2020年には43.8%とさらに伸長していく見通しです。(図表3参照)
なお、予測対象の59カ国・地域のうち、2019年には世界最大の広告市場「米国」をはじめとする26カ国・地域で、デジタルが媒体別広告費の構成比でトップになると予測しています。
「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表:dentsuより


世界の広告費の成長率は約4%である一方、
世界のデジタル広告費の成長率は約10%以上と予測されています。

世界のデジタル広告費の成長とともに、Googleの広告収益額も伸びると予測できるでしょう。

また、現在のGoogleは、

  • “Google Cloud”といった企業向けのクラウドサービス
  • “Alpha Go”(AIによる囲碁ソフト)で広く知られるようになった“Google Home”などのAIサービス
  • 自動運転車

まで事業を拡大しています。

自動運転事業の「Waymo」は、自動運転技術の開発競争においてトップに立っています。

Googleの親会社アルファベット傘下で自動運転車を開発しているWaymoが2018年末に世界初の自動運転配車サービスを開始してから、2019年には自動運転車の生産能力を2倍に高めるための工場建設や、自動運転の安全性を高める上で最重要であるセンサーの販売をはじめるなど、他社に先駆けて自動運転の拡大に向けた次のレベルへと駒を進めています。

また、米国の当局からレポートや調査会社によるレポートでも、2019年に入ってから軒並みランキング1位を奪取しており、安全性でも技術面でも高い評価を得ています。
グーグルの自動運転Waymoが大きくリード。自動運転開発競争に終止符か。より

個々のサービスによっては赤字が出ているものの
広告収益以外の収益もGoogleの売上に占める割合が増えてきているところであり、

Googleの売上はこれからも伸びていくと予測できるでしょう。

Alphabetの株価について

Alphabetの株はニューヨーク市場に上場しています。

11/10の終値は「1,309.00ドル」です。

日本円で1株「140,000円」ほどの株です。

  • 時価総額 9034.62億ドル
  • 株価収益率 28.48%
  • 配当利回り なし
  • 52 週高値 1,322.65ドル
  • 52 週安値 977.66ドル

まとめ:広告収益以外の成長が楽しみです

ということで

今日は「Google/Alphabet」について説明してきました。

私もブログでお世話になっていますしぜひ保有したい株の1つです。

それでは今日はこれで^^

★アルファベット株は「SBI証券」で買い付けできます!