企業分析

アリババ集団/阿里巴巴集団の企業分析【中国企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

こんにちは。
元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。

この記事では「企業分析」をしていきます。

ツナモンスター
ツナモンスター
アリババといえば、「ジャック・マー」で有名だよね。
経営者は有名だけど、企業はどんなことやっているんだろう?
今や中国で一番有名な会社だと思うけど詳しく教えて!

1999年の創立以来、企業間電子商取引 のオンライン・マーケットを運営しており、240あまりの国家・地域にて5340万以上の会員のほか、5つの子会社を保有している、今や中国を代表するアリババ。

今日は、

中国・アリババ

の企業分析をし、

  • アリババの事業内容
  • アリババの強み
  • アリババの今後の戦略

を明らかにしていきたいと思います。

アリババってどんな会社?

アリババ

情報技術の開発・サービス展開

をしている会社です。


アリババ集団公式サイトより)

日本でも有名な「独身の日」を展開している会社です。


アリババ「独身の日」は1日で3.4兆円(2135億元)の取扱高【時系列での取扱高推移あり】より)

1999年に、ジャックマーが率いる18人によって設立されました。

企業間電子商取引のオンライン・マーケットを運営しており、240あまりの国家・地域にて5340万以上の会員を保有してます。

現在では、

  • BtoB ECサイト「アリババドットコム」
  • BtoC ECサイト「天猫 Tmall」
  • 越境ECサイト「天猫国際 Tmall Global」
  • CtoC ECサイト「タオバオマーケットプレイス」
  • 決済サービス「アリペイ」
  • クラウド・コンピューティング「アリババクラウドコンピューティング」

など様々なサイトの運営をしています。

電子商取引市場について

電子商取引市場は世界で加速度的に成長し続けています。

2020年、世界のB2BのEC市場規模は6.7兆ドル(771兆円)、B2CのEC市場規模は3.2兆ドル(368兆円)となり、B2BはB2Cの約2倍の市場規模になる見込みとしています。

私たちは消費者となる可能性の方が高いので
企業同士のECの方が市場規模が高いのはピンとこないかもしれませんが、

企業の方が個人よりも取引額が大きいために、市場規模では2倍の差になるのでしょう。

アリババの強み

アリババの強みは3つあると言われています。

  1. 膨大な数のモバイルユーザー
  2. eコマースプラットフォームで増え続ける小売業者
  3. テクノロジーの進歩

の3つです。

中国のテクノロジー大手には、アリババのほかに、検索のバイドゥ(百度)と、ソーシャルネットワーキングやビデオゲームのテンセント・ホールディングス(騰訊控股)があり、これら3社は、BATと呼ばれている。

BAT企業の中でも、アリババのネット広告事業は最大規模。バイドゥとテンセントのネット広告収入合計額の、中国全広告支出額に占める比率は19%で、アリババの比率である約20%を下回ると、eマーケターは指摘している。

アリババは、企業間取引の「Alibaba.com」のほか、消費者向けショッピングモール「Tmall(天猫)」、消費者間取引の「Taobao(淘宝)」などを運営している。

このうち、同社は、TmallとTaobaoにおいて、適切なコンテンツ、検索結果、広告を出す、パーソナライズ技術が優れているのだという。
アリババのネット広告収入は巨額、中国のテレビ広告支出額を超えるより

中国国内でも圧倒的な存在であることがわかりますね。

また、中国は政府によりインターネットの制限が行われています。

世界ではECサイトはAmazonが多くの地域で使われているものの、
アメリカの企業であるため、中国ではあまり使われていません。

ITアップルを除くネット3社は、中国BATの牙城を切り崩せない状況です。


China’s Parallel Online Universeより)

また、キャッシュレス決済の進む中国であるためアリババでも「アリペイ」の提供が行われています。


アリペイ公式サイトより)

日本でもすでに事業展開しており、以下のようなサービスが提供されています。

アリババの今後の戦略

アリババは今後の戦略について以下のように説明しています。

アリエクスプレス(AliExpress)は世界150カ国のカスタマーに中国小売業者の商品販売を行うアリババのEC部門だ。
5月第2週前半のフィナンシャル・タイムズ(The Financial Times)の報道によると、このアリエクスプレスが、世界中の小売業者向けに国内外の市場で商品販売できるシステムを準備しているという。

アリババは(4月に中国から撤退した)Amazonがこれまで実現できなかった、国際的なEC市場の形成を目論んでいる。これはアリババのプレジデント、マイク・エバンス氏が2015年にグローバル展開として打ち出した「ニューリテール戦略」の一環だ。
アリババ のグローバル展開、 知っておきたい 2つの戦略:要点まとめより

成長の大きな要因は、農村部の消費者だ。実に、年間アクティブ消費者数の増加の70%超が大都市以外のところに住む人たちだとTsai氏は述べた。そして第3、第4、第5の都市における消費額は来年、これまでの3倍の7兆ドルになると予測されている。農村部の消費者にフォーカスしているPinduoduoを含むライバルがいるにもかかわらず、Alibabaはこうした消費の大部分を取り込むことができると考えている。
アリババのQ4は売上高51%増で再び成長を確保より

 

中国国内での消費者層拡大と、世界への進出を見込んでおり、これからもEC事業での成長が期待されます。

アリババの株価について

アリババはニューヨーク証券取引所に上場しています。

11/4の終値は「179.69ドル」です。

  • 時価総額 4678.35億
  • 株価収益率 37.86%
  • 配当利回り –
  • 52 週高値 195.72ドル
  • 52 週安値 129.77ドル

アマゾンなどに比べればまだまだ株価は低いですし、今後の戦略通りに世界への展開がうまくいけば株価は上がってくるでしょう。

まとめ:EC市場の成長がすごい

ということで、
今日は「アリババ集団」について企業分析してきました。

毎年独身の日で盛り上がるアリババですが、今年もいかに盛り上がるか楽しみですね。

それでは今日はこれで^^

★アリババ株は「SBI証券」で買い付けできます!